河北新報社との連携

1. 協定締結の経緯

東北学院大学と河北新報社との連携は、これまで個別的に行われてきましたが、平成22年6月に本学に学長室が設置されたことに伴い、包括的な連携に向けて協議を進めてきました。東北地方の成長と発展に貢献してきた両者の相互の資源と役割を効果的に結びつけることが、本学と河北新報社の相互の発展につながると考え、包括連携に関する基本合意書を締結しました。

締結式は、東北学院大学を会場に平成23(2011)年5月20日(金)に行いました。本学学長、河北新報社社長をはじめとした方々が出席され、基本合意書の調印の後、学長と社長の固い握手が交わされました。なお、締結式の様子は、下記のページでご覧になることができます。

東北学院大学と河北新報社との連携に関する基本合意書調印式

2. 連携協力の範囲

協定書に掲げられている項目は次のとおりです。また、提携の期間は締結の日から2年間とし、双方で改定の申し入れがない場合は1年間更新し、以後も同様としています。

  1. 新聞を通した地域力向上プロジェクト
  2. 新聞を活用した人材育成プロジェクト
  3. その他、連携協力が必要と認められるプロジェクト

3. 重点項目

本連携事業は、毎年重点項目を定めて、活動を行うこととしています。

平成23年度から、「震災からの復興創生」を中心テーマに据えて、3月11日に発生した東日本大震災から立ち上がる東北の人々を支援し、地域の復興と創生に向けた協働の事業を構築することとしています。

具体的には、以下のプロジェクトについて展開を進めています。

  1. 新聞を通した地域力向上プロジェクト
    • 「震災復興」をテーマにした座談会の開催と紙面展開
  2. 新聞を活用した人材育成プロジェクト
    • 東北学院大学の「災害ボランティアステーション」と河北新報社のコミュニティーサイト「ふらっと」の機能を生かした「情報ボランティア・ネットワーク」づくり
    • 東北学院中高大の一貫教育体制づくりでの連携と個別の授業展開、NIEの進展に向けた研究協力
  3. その他

4. 連携事業の成果

東北復興創生事業「復活と創造 東北の地域力」

毎年、このテーマをもとに、全国で活躍する有識者をお招きして、講演会とともに、学内外の講師による鼎談を行う企画を開催しています。当日の模様は、河北新報誌上で掲載されるほか、本学が刊行する総合学術誌『震災学』に再録しています。

第1回「復活と創造 東北の地域力」

日時 平成23年6月18日(土)16時30分~
会場 東北学院大学泉キャンパス礼拝堂
基調講演 「人間復興を求めて -新生・東北が日本を変える」
講演:内橋 克人(経済評論家)
緊急シンポジウム 「東北再生のために、私達がすべきこと」
パネリスト:内橋 克人(経済評論家)
一力 雅彦(河北新報社代表取締役社長)
星宮 望(東北学院大学学長)
コーディネーター:柳井 雅也(東北学院大学教養学部教授)
備考 平成23年7月10日(日) 河北新報朝刊掲載

シンポジウム「復活と創造 東北の地域力」を開催しました

第2回「復活と創造 東北の地域力② 三陸の資源と産業」

日時 平成23年12月22日(木) 17時00分~
会場 座談会形式
鼎談 畠山 重篤(NPO法人「森は海の恋人」代表)
村上 教行(イオンモール株式会社取締役会長)
星宮 望(東北学院大学学長)
コーディネーター:佐々木 俊三(東北学院大学学長室長)
備考 平成24年1月10日(火)河北新報朝刊掲載

第3回:「復活と創造 東北の地域力③-原発事故と東北再生-」

日時 平成24年9月29日(土) 15時30分~
会場 東北学院大学泉キャンパス礼拝堂
基調講演 「原発事故と人間」
講演:柳田 邦男(ノンフィクション作家、評論家)
シンポジウム 「原発事故の検証と今後」
パネリスト:柳田 邦男(ノンフィクション作家、評論家)
齊藤 康則(東北学院大学経済学部准教授)
コーディネーター:寺島 英弥(河北新報社編集委員)
備考 平成24年10月28日(日)河北新報朝刊掲載

復活と創造 東北の地域力 柳田邦男氏を招き「原発事故と東北再生」について講演

第4回:「復活と創造 東北の地域力④-守りたい 東北の大地-」

日時 平成25年6月8日(土) 15時00分~
会場 東北学院大学土樋キャンパス8号館押川記念ホール
基調講演 「水と緑の国、日本」
講演:富山 和子(立正大学名誉教授・環境問題評論家)
シンポジウム 「土を活かして復興へ」
パネリスト:富山 和子(立正大学名誉教授・環境問題評論家)
結城 登美雄(民俗研究家)
佐久間 政広(東北学院大学教養学部長)
備考 平成25年6月29日(土)河北新報朝刊掲載

復活と創造 東北の地域力④ 東北の未来を真剣に考えるシンポジウム「守りたい 東北の大地」開催

第5回:「復活と創造 東北の地域力⑤-震災の悲しみを乗り越える-」

日時 平成25年11月16日(土) 15時00分~
会場 東北学院大学土樋キャンパス6号館601教室
基調講演 「不幸を乗り越える社会への信頼」
講演:野田 正彰(精神科医、ノンフィクション作家)
シンポジウム 「記憶に付き添う」
パネリスト:野田 正彰(精神科医、ノンフィクション作家)
植田 今日子(東北学院大学教養学部准教授)
阿部 重樹(東北学院大学経済学部教授)
備考 平成25年12月10日(火)河北新報朝刊掲載

復活と創造 東北の地域力 シリーズ第5弾 「震災の悲しみを乗り越える」開催報告と来場御礼

第6回:「復活と創造 東北の地域力⑥震災と宗教―悼みと向き合える社会へ―」

日時 平成26年7月5日(土) 13時00分~
会場 東北学院大学土樋キャンパス8号館(5階)押川記念ホール
基調講演① 「セラピストと教誨師の違い」
講演:山折 哲雄(宗教学者)
基調講演② 「震災から見えてきたこと―想定外を想定する力―」
講演:山形 孝夫(宗教人類学者)
パネル討論 「”悲しみの技術”を巡って」
パネリスト:山折 哲雄(宗教学者)
山形 孝夫(宗教人類学者)
福田 雄(関西学院大学災害復興制度研究所リサーチ・アシスタント)
若林 一美(立教女学院短期大学学長)
菅原 裕典(株式会社清月記代表取締役社長)
佐々木 俊三(東北学院大学副学長、教養学部教授)
備考 平成26年7月27日(日)河北新報朝刊掲載

復活と創造 東北の地域力 シリーズ第6弾 「復活と創造 東北の地域力⑥震災と宗教―悼みと向き合える社会へ―」開催報告

本学災害ボランティアステーションと河北新報社コミュニティーサイト「河北新報 ONLINE COMMUNITY」の連携による「情報ボランティア・ネットワーク」の構築

平成23年3月29日に本学が設置しました災害ボランティアステーションと河北新報社との連携事業として、5月20日から河北新報社コミュニティーサイト「河北新報 ONLINE COMMUNITY(旧ふらっと)」上の「情報ボランティア@仙台」というブログにボランティア情報を掲載する活動を行っています。

現在は、「復興大学災害ボランティアステーション」の取り組みとして、本学のほか、他大学の学生も参加し、ボランティア活動者のヒューマンストーリーや被災地の現状を学生と河北新報社の記者が直接取材をし、その情報を記事として掲載する活動へと発展しています。

情報ボランティア@仙台ブログ

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学長室事務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6424 FAX.022-264-6364
E-mail:ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
大学概要
  • 東北学院大学土樋キャンパス整備計画
  • 大学ポートレート
  • After 3. 11 東日本大震災と東北学院
  • 東日本大震災の記録 Remembering 3.11
  • 総合学術誌 震災学
  • 東北学院大学 by AERA
  • 学都仙台コンソーシアム