TGU NEWS

地域に貢献する大学として

2014年度COCに、本学の教育事業が採択

本学の「地域共生教育による持続的な『ひと』づくり『まち』づくり」事業が、文部科学省による2014年度「地(知)の拠点整備事業(COC)」に採択されました。

この事業は、本学が「地域に根ざし、地域に奉仕し、地域のなかで信頼される」人材を育成・輩出することをめざしたものです。また、仙台市、多賀城市、地域支援を行う機関やNPO等の協力を得て、連携しながら展開していきます。

具体的には、東日本大震災の復興等に資する人材を育成するための教育研究に尽力します。そのために、学生は防災・復興について学んで地域の現場へ出向き、まちづくり、地域の創成、復興に関わる活動にふれます。そこで得たものを大学などに持ち帰り、他の学生に伝える活動を繰り返します。こうして卒業する学生たちを、地域貢献の社会的即戦力を身につけた人材として社会に送り出していきます。

2015年度COC+プラスに、本学申請の協働事業が採択

「地域の課題Ⅰ(地域企業版)」研究会

2015年度には、大学と地方公共団体等の協働による「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」が公募され、これを受けて、本学を申請大学とした「みやぎ・せんだい協働教育基盤による地域高度人材の育成」が採択されました。

これは、宮城県内12の大学・高専(本学、宮城教育大学、東北工業大学、石巻専修大学、尚絅学院大学、仙台大学、仙台白百合女子大学、東北生活文化大学、宮城学院女子大学、聖和学園短期大学、東北生活文化大学短期大学部、仙台高等専門学校)と宮城県、仙台市が、地域で活躍する人材の育成や定着、地域経済の活性化をめざすものです。相互の教育プログラムを単位互換し、連携型の育成プログラムを構築し、学生、教職員が取り組む、地域企業に関する課題解決型の教育プロジェクト(PBL)を推進します。これにより、企業は経営革新を期待でき、学生は実践的な学びを得る機会になります。

文部科学省 地(知)の拠点

本事業は、大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学等を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています。