東北学院大学

Language

卒業生インタビュー

夢を叶えて客室乗務員へ

日下 真紀さん

日本航空株式会社 勤務 日下 真紀さん

2009年3月 文学部 英文学科卒業

社会人と学生の大きな違いは「学び」の濃さ。思う存分自分のための学習に時間を費やせる学生時代は、それだけで貴重です

憧れのステージで活躍する姿を描きながら身につけたことが仕事で活きています

国際線の客室乗務員になることは学生時代からの夢。そのため英語力を磨いたり、アルバイトを通して接客対応の経験を深めるなど、自分なりに努力を重ねてきました。同じ夢をかなえて活躍している卒業生に続きたい、そんな思いで過ごしてきました。社会人と学生の大きな違いは「学び」の濃さ。思う存分自分のための学習に時間を費やせる学生時代は、それだけで貴重です。そこで身につけたことは、職場でも自然と行動に表れます。


客室乗務員として成田空港をベースに勤務しています。現在は主に国際線乗務で、シカゴやパリ、ホノルルなどのフライトに携わっています。いつも心がけているのは、すべてのお客さまに快適な空の旅を楽しんでいただけるよう注意を怠らないこと。世界各国のお客さまと接しているので、日々新たな発見があります。

学科の学びで役立った事柄

海外での仕事では、英語学の知識が活きています。またボランティア活動の経験や、赤十字の救急法の資格を学生時代に取得していたことが、機内でのさまざまな対応に役立っています。