東北学院大学

Language

卒業生インタビュー

親しみのある鉄道員に

佐藤 高志さん

東日本旅客鉄道株式会社 勤務 佐藤 高志さん

2014年3月 経済学部 共生社会経済学科卒業

駅はお客さまと私たちをつなぐ場所。常にお客さまが話しかけやすい駅社員でいることを心がけています

地域に貢献できる仕事として鉄道会社を選びました

大学時代、ボランティア活動を通じて地域に貢献できる仕事の素晴らしさに目覚めたことが、鉄道に興味を抱くきっかけになりました。鉄道は、地域の方々の人生を乗せ、生活そのものを支えているもの。地域に貢献できる仕事です。そこに魅力を覚えたのです。日々、業務知識や接遇力の向上を図るのはもちろんですが、それだけでは足りません。駅はお客さまと私たちをつなぐ場所。そのため、常にお客さまが話しかけやすい駅社員でいることを心がけています。


現在の勤務地は秋葉原駅です。みどりの窓口でのきっぷ販売、改札口での乗換や駅周辺のご案内、お身体の不自由なお客さまのご案内などの業務を行っています。人と接することが大好きです。働きながらたくさんの方々と接することのできるこの仕事が大好きです。お客さまからいただく感謝の声も励みになっていますね。

大学時代の経験が役立った事柄

ゼミやサークル活動を通じて養った「まずやってみる」精神が活かされています。また、大学祭への参加やアルバイトの経験などによって、人と接することで自分も成長できることを実感しました。