東北学院大学

Language

資格教育

就職力を支える資格教育があります。

中学校・高等学校の英語・数学の教員をはじめとした資格は、将来の支えとなります。

教職相談窓口も設けており、資格取得もしっかりとサポートしています。

資格一覧

学部・学科 教育職員免許状(一種) その他の資格
中学校
教諭
高等学校
教諭


英文学科 英語 英語 学芸員 図書館司書 学校図書館司書教諭 社会教育主事
総合人文学科 宗教 宗教
歴史学科 社会 地理歴史



経済学科 社会 公民・商業 ※ファイナンシャル・プランナー、TOEICなどの資格取得を応援しています。
共生社会
経済学科
社会 公民  



経営学科 社会 公民・商業 ※日商簿記検定およびファイナンシャル・プランナーなど資格の取得支援にも力を入れており、関連する科目を設置し、専門学校などと連携した講義も行っています。


法律学科 社会 地理歴史
・公民
 


機械知能工学科   工業 職業訓練指導員受験資格[実務経験2年]
技術士受験資格[実務経験7年または技術士補実務経験4年]
自動車整備士3級受験資格[実務経験半年]
技術士補受験資格[共通科目試験免除]
電気情報工学科   工業 無線技士免許[第1級陸上特殊・第3級海上特殊]
電気主任技術者1・2・3種受験資格[実務経験必要]
技術士補受験資格[共通科目試験免除]
電気工事士2種受験資格[筆記試験免除]
技術士受験資格[実務経験7年または技術士補実務経験4年]
電子工学科   工業 職業訓練指導員免許[工業教員免許取得により申請で取得できる場合がある]
技術士補受験資格[共通科目試験免除]
技術士受験資格[実務経験7年または技術士補実務経験4年]
環境建設工学科   工業 1級土木施工管理技士受験資格[実務経験3年、2級は1年]
1級建築施工管理技士受験資格[実務経験3年、2級は1年]
1級管工事施工管理技士受験資格[実務経験3年、2級は1年]
1級造園施工管理技士受験資格[実務経験3年、2級は1年]
教育職員免許状[高等学校一種:工業]
測量士補 注1
測量士受験資格 注1
技術士補(JABEE認定により登録可)
技術士受験資格[実務経験7年]
ダム水路主任技術者受験資格[実務経験4年]
水道技術管理者受験資格[実務経験3年]
一級建築士受験資格[実務経験2~4年]注1
二級建築士受験資格
インテリアプランナー受験資格[実務経験2年]
建築設備士受験資格[実務2年]
学科共通 環境土木コース 建築コース
注1:指定された科目の履修が必要です。また、指定科目の総取得単位数によって必要な実務経験年数が異なります。



人間科学科 社会 公民 社会教育主事 認定心理士 社会調査士 日本語教員基礎資格(認定)
言語文化学科 英語 英語 日本語教員基礎資格(認定) 社会教育主事
情報科学科 数学 数学・情報
地域構想学科 社会 地理歴史
・公民

教職課程

宮城県の中学英語・数学で多数採用

本学ではすべての学科に教職課程を設けており、所定の科目を履修し単位を取得することによって、教育職員免許状を得ることができます。教育職員免許状を取得してもそれが教員採用に直結しにくい社会状況のなか、本学からは教育に情熱を持つ教職志望者が教員採用試験に多数合格しています。ここ数年の傾向をみると、伝統的に強かった「英語」に加えて「数学」や「社会」も、地元宮城県や関東の各都県において多数合格しており、本学の教職志望者は大いに健闘しているといえます。

小学校教諭一種免許状取得支援プログラム

本学では2006年度より千葉県松戸市の聖徳大学との連携・協力のもとに、卒業時に小学校の免許が取得できる「小学校教諭一種免許状取得支援プログラム」を設置しています。本学の所属学部で教職課程を履修・修得しながら、聖徳大学通信教育部の通信課程を受講・修得すれば、小学校教諭一種免許状が取得可能になります。プログラム履修生の多くは宮城県や関東各都県の教員採用試験を受験して、合格しています。

小学校教諭一種免許状取得までの流れ

小学校教諭一種免許状取得までの流れ

  • ※プログラムは2年次から受講をスタートし、3年間で修了することを目標にしています。
  • ※毎年20名の定員で、選考を実施します。
  • ※別途、聖徳大学への受講料が必要になります。
  • ※工学部を除きます。

教員をめざす学生をサポート

教員採用実績の背景には、教員をめざす学生一人ひとりの熱意と努力があります。大学としてもサポート機関として「教職課程センター」を設置し、教職課程の円滑な運営のための業務、そして教員養成にかかわる情報の提供などの活動を行い、全力でバックアップしています。

教職課程センターの主なサポート内容
  • 教員採用試験対策講座
  • 講演会の開催
  • 情報提供・アドバイス
  • 教育実習のためのオリエンテーション
    (提出書類の書き方/中学・高校の現職教員による事前指導)
  • 教員養成・教員採用試験に関する資料や問題集の貸し出し
  • 教員採用試験に向けた各種の学習支援

【教職相談窓口】
土樋キャンパス教職課程センター学習支援室(4号館1階) / 泉キャンパス教職課程センター(4号館4階)

学芸員

博物館・美術館の専門職員

「学芸員」とは、博物館で働く専門職員のことです。博物館は、調査研究を基礎にして資料を収集し、その資料を整理し保管すると共に、社会に対し展示を軸とした教育普及活動を展開する義務があり、これらの仕事を行うのが学芸員です。

社会教育主事

生涯学習の時代を担う専門職

「社会教育主事」とは、都道府県および市町村の教育委員会の事務局において、社会教育を行う者に専門的技術的な助言と指導を与える「専門的教育職員」です。社会教育行政の企画・関係者への指導と助言を通して地域の人々の学習活動を援助する役割を担う社会教育行政の中心的指導者といえます。

図書館司書/学校図書館司書教諭

学校図書館での司書業務

「司書」とは別に、小・中・高・特別支援の各学校に設置されている学校図書館で司書業務を行う「司書教諭」という資格があります。司書教諭の資格は教員免許の取得が前提で、教職課程を履修した上で司書教諭課程の所定の科目を履修する必要があります。

本の魅力を案内し、教育活動を推進

図書館には市立図書館を含む公共図書館、大学図書館、学校図書館や国立国会図書館、専門図書館があり、このような公共図書館に置かれる専門的職員を「司書」といいます。司書は公共図書館等で図書館資料の選択、発注、受け入れ、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などの業務を行います。本学では図書館司書養成課程を設けている学科で、所定の科目を履修することにより図書館司書の資格を取得することができます。ただし、自治体が運営する図書館に勤務するためには、その自治体の採用試験に合格して公務員として採用され、図書館に配属される必要があります。