東北学院大学

Language

学生サポート

東北学院大学図書館利用規程

(趣旨)

第1条 この規程は、東北学院大学図書館規程(昭和60年12月1日施行第9号)第9条の規定に基づき、東北学院大学(以下「本学」という。)に設置する図書館の利用について必要な事項を定める。

(利用資格及び利用手続)

第2条 東北学院大学図書館(以下「図書館」という。)を利用できる者は、次に掲げる者とする。

  1. 本学専任教職員及び東北学院法人事務局職員
  2. 本学名誉教授、非常勤教員及び非専任職員
  3. 本学大学院学生
  4. 本学学部学生
  5. 科目等履修生、特別聴講学生、聴講生、研究生、特別聴講生、委託生、特別委託聴講学生及び専門職大学院研修生
  6. 本学受入れの研究員等
  7. 東北学院(以下「本院」という。)の役員
  8. 本院の中学校・高等学校及び榴ケ岡高等学校専任教職員並びに幼稚園専任教職員
  9. 本院の中学校・高等学校及び榴ケ岡高等学校の生徒
  10. 本院退職者
  11. 本院各学校の卒業生
  12. 図書館の利用を申し出た15歳以上の学外者
  13. その他特に図書館長(以下「館長」という。)が許可した者

2 前項第1号、第3号から第5号及び第8号に該当する者は、身分証明書(以下「証明書」という。)をもって利用許可証(以下「許可証」という。)とする。

3 前項以外の者については、所定の手続きにより許可証の発行を受けるものとする。また、許可証の有効期限は1年以内とするが、更新手続きにより延長することができる。

4 第1項第9号から第13号に該当する者については、試験前の一定期間中と試験期間中は、利用を認めない。

(休館日)

第3条 図書館の休館日は、次に掲げる日とする。

  1. 日曜日
  2. 国民の祝日に関する法律に規定する休日
  3. 本学の指定する休日

2 特に館長が必要と認めるときは、臨時に休館又は開館することができる。

(開館時間)

第4条 図書館の開館時間は、次の各号に掲げる図書館に応じ、当該各号に定める時間とする。ただし、礼拝時間を除く。

  1. 中央図書館
    月〜土曜日 8時30分から22時00分まで
    中央図書館分室
    月〜金曜日 10時00分から21時00分まで
    土曜日 10時00分から17時00分まで
  2. 工学部分館
    月〜土曜日 8時30分から20時00分まで
  3. 泉分館
    月〜土曜日 8時30分から20時00分まで

2 館長が必要と認めるときは、開館時間を変更することができる。

(入館手続)

第5条 図書館に入館するときは、証明書又は許可証を図書館職員(以下「職員」という。)に提示しなければならない。

(閲覧手続及び閲覧冊数)

第6条 閲覧手続及び閲覧冊数は、次に掲げるとおりとする。

  1. 開架式図書資料は、閲覧室内で自由に閲覧できる。
  2. 閉架式図書資料は、閲覧係に証明書又は許可証を提示の上、所定の手続きをし、閲覧室内で閲覧することができる。ただし、同時に閲覧できる冊数は、10冊以内とする。
  3. 電子資料の閲覧については、各利用契約に規定された内容に従うものとする。

(館外貸出しの手続及び貸出の予約)

第7条 第2条第1項に該当する者は、所定の手続きを取ることにより図書資料の館外貸出し(以下「貸出し」という。)を受けることができる。

2 貸出し中その他の事由により貸出しを受けられない図書資料については、貸出しを予約することができる。

(館外貸出しの冊数及び期間)

第8条 図書資料の貸出し冊数及び期間は、次の各号に掲げる者の区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。

  1. 本学専任教職員及び東北学院法人事務局職員 160冊以内、1年以内
  2. 本学名誉教授、非常勤教員及び非専任職員 20冊以内、1か月以内
  3. 本学大学院学生 20冊以内、1か月以内
  4. 本学学部学生 10冊以内、15日以内
  5. 第2条第1項第5号に該当する者は、学部学生及び大学院学生に準ずる。
  6. 本学受入れの研究員等 20冊以内、1か月以内
  7. 本院役員、本院の中学校・高等学校、榴ケ岡高等学校専任教職員及び幼稚園専任教職員 10冊以内、3か月以内
  8. 本院の中学校・高等学校及び榴ケ岡高等学校の生徒 3冊以内、8日以内
  9. 本院卒業生及び退職者 10冊以内、15日以内
  10. 図書館の利用を申し出た15歳以上の学外者 3冊以内、8日以内

2 研究又は教育上の理由により、館長が必要と認めた場合は、前項第1号に規定する冊数及び期限を超える貸出しを認める。

3 第1項第1号から第3号及び第5号(学部学生に準ずる者を除く。)から第7号の者に学生指定図書を貸出しする場合は、学部学生に準じる扱いとし、第1項の貸出し冊数に含める。ただし、試験前の一定期間と試験期間中は、学生指定図書の貸出しを受けることができない。

4 他キャンパス図書館所蔵の図書資料は、所定の手続きを取ることにより貸出しすることができる。

5 館長が特に必要と認めるときは、所定の手続きを取ることにより貸出し期限を更新することができる。ただし、第1項第3号から第5号及び第8号から第10号に規定する者については、1回限りとする。

6 貸出し期間中に、特に館長が必要と認め、返却を求めるときは、前各項の規定にかかわらず、直ちに返却しなければならない。

7 第2条第1項第4号及び第5号(大学院学生に準じる者を除く。)に規定する者は、試験前の一定期間及び試験期間中は図書資料の貸出しを受けることができない。

8 第2条第1項第4号及び第5号(大学院学生に準じる者を除く。)に規定する者は、春季、夏季及び冬季休業期間中は、所定の手続きを取ることにより第1項第4号に規定する期間を超えて貸出しを受けることができる。

(館外貸出しの制限)

第9条 次の各号のいずれかに該当する図書資料は、貸出しすることができない。

  1. 辞書、事典及び参考図書
  2. 加除式法令集
  3. 雑誌
  4. 視聴覚資料
  5. 新聞
  6. 貴重図書資料
  7. 特に館長が指定した図書資料

2 前項各号に規定する図書資料について、本学専任教職員及び本院法人事務局職員が学術研究上必要とする場合は、館長が制限事項を付して貸出しを許可することができる。

(貴重図書資料)

第10条 貴重図書資料は、貴重書展示室に別置する。

2 貴重図書資料の利用については、別に定める。

(図書資料の返却)

第11条 第8条に定める貸出し制限を超えた図書資料は、速やかに返却しなければならない。

2 返却は、貸出し手続きをした図書館以外においてもできる。

3 図書資料の貸出しを受けた者が、第2条に規定する利用資格を失ったときは、直ちに返却しなければならない。

(閉架式書庫の入庫資格)

第12条 閉架式書庫内に立入り、図書資料を検索できる者は、次に掲げる者とする。

  1. 第2条第1項第1号から第8号及び第10号から第11号に該当する者
  2. 特に館長が許可した者

(閉架式書庫の入庫時間)

第13条 閉架式書庫の入庫時間は、次に定めるとおりとする。

  1. 開館30分後から閉館30分前まで

2 館長が必要と認めるときは、入庫時間を変更することができる。

(閉架式書庫の入庫手続)

第14条 閉架式書庫に入庫を希望する者は、所定の入庫手続きを取らなければならない。また、必要に応じ防犯ブザー等を借用し携行すること。

2 入庫するときは、原則として筆記用具及びノート類以外を携帯してはならない。

(閉架式書庫内施設の利用)

第15条 第12条に規定する者は、閉架式書庫内に設置されている閲覧施設を利用することができる。

(図書資料の複写)

第16条 本学所蔵の図書資料は、館内に設置されている複写機で複写することができる。

2 複写に関する必要事項は、別に定める。

(他大学図書館等との相互利用)

第17条 本学に所蔵されていない図書資料については、所定の手続きを取ることにより、他大学図書館などに利用を依頼することができる。

2 他大学図書館等との相互利用については、第2条第1項第9号から第13号に規定する者には適用しない。

第18条 他大学図書館などから、本学所蔵の図書資料について利用願いがあるときは、支障の無い限りにおいて協力することができる。

(図書資料の分置)

第19条 図書館の基本的機能が著しく妨げられない限りにおいて、本学各資料室、研究所及び研究室(個人研究室を除く。)(以下「機関」という。)に図書資料を分置することができる。

(分置の手続)

第20条 図書資料の分置を希望する機関は、図書資料の管理責任者を定め館長に願い出なければならない。

2 前項の願い出があった場合には、全学図書館委員会の議を経て、館長がこれを許可する。

(分置する図書資料の冊数及び期間)

第21条 第9条第1項第1号に規定するものは、一機関につき3種50冊、1年以内とする。ただし、判例集は、この限りではない。

2 第9条第1項第4号に該当する図書資料は、一機関につき50種以内、2年以内とする。

3 第1項及び第2項の規定にかかわらず図書館の基本的機能が著しく妨げられるおそれがある場合、館長は必要な措置を講じることができる。

(図書館内施設の利用)

第22条 図書館に視聴覚室、学習室、アクティブ・コート、研修室及び会議室を設置する。

2 視聴覚室、研修室及び会議室の利用に関し必要な事項は、別に定める。

3 学習室の利用については、所定の手続きによる。

4 アクティブ・コートの利用については、別に定める。

(図書館の事業)

第23条 図書館は、研究教育の活動に資するため、展示会、講演会その他図書館が必要と認める事業を行うことができる。

(弁済又は賠償の責任)

第24条 閲覧及び貸出し図書資料を紛失又は汚損した者は、現物をもって弁済しなければならない。

2 前項の図書資料が絶版などの事由で入手不可能な場合は、時価による弁済又は写真複製による弁済をしなければならない。

3 図書館の施設設備及び機器備品に損害を与えた者は、その損害を賠償しなければならない。

(図書資料の破損等の届出)

第25条 利用者は、図書資料の損傷又は汚損を発見した場合は、直ちに図書館に届け出なければならない。

(利用者の遵守事項)

第26条 利用者は、職員の指示に従うほか、次に定める事項を守らなければならない。

  1. 貸出し図書は、他人に貸さないこと。
  2. 貸出し図書の代理返却はしないこと。
  3. 証明書又は許可証を他人に貸さないこと。
  4. 館内で集会を行わないこと。
  5. 所定の場所以外で飲食及び喫煙をしないこと。
  6. 館内を汚損しないこと。
  7. 許可なく印刷物の掲示や配付をしないこと。
  8. 入館する際は、携帯電話等の電源を切ること。
  9. その他、図書館業務に支障を及ぼす行為をしないこと。

(貸出し及び利用の停止)

第27条 第2条第1項第3号から第5号及び第9号から13号に規定する者が、第8条の規定に反し、貸出し図書資料を期限までに返却しないときは、その延滞日数に応じた期間、貸出しを停止することができる。

2 本学図書館の利用規程に違反した者については、本学図書館の利用を停止することができる。

(規程の公示)

第28条 図書資料を利用者の閲覧に供するため、この規程を常時閲覧室内に備え付けるものとする。

(規程の改廃)

第29条 この規程の改廃は、全学図書館委員会が発議し、教授会の議を経て学長が行い、理事会の承認を得るものとする。