東北学院大学

Language

経済学部

学科長あいさつ

経済学科長
倉田 洋

現代の経済社会はまさに激動の時代と言えます。「すぐに役立つものはすぐに役に立たなくなる」スピードの速い時代です。そんな中、ビジネスの場だけではなく、日常生活において、私たちは迅速な判断を求められます。このような状況で、私たちはどうすればよく生きられるようになるでしょうか。

このような状況において、経済学は大きなヒントをくれます。経済学は生きていくために必要な消費・生産・販売などの活動において、出来事がどのようなメカニズムでおこるか、どんな状態が望ましいか、どうすれば望ましい状態となるかを考える学問です。経済学は抽象的で、一見すぐに役立つものには見えません。しかし、経済学は世の中の動き方を教えてくれます。時代が変化しても、出来事の背景にあるものは変わりません。また、経済学を学ぶことで得られるスキルは、時代が変わっても使い続けることができます。

世の中の動きを正しくとらえるためには、様々な観点から出来事を見て、考えることが必要です。本学経済学科のスタッフは、それぞれの分野で活躍するプロフェッショナルです。社会の動きを的確にとらえるために必要な知識を提供できるよう、各分野での研究活動に精力的に取り組んでいます。東北だけでなく、日本・世界のいろいろな場所で、世の中で活躍できる知識を身につけた本学経済学科の卒業生が活躍しています。この事実は、卒業生がさまざまな観点から世の中の動きを見て、行動できるようになった結果だと言えるのではないでしょうか。

さあ、あなたも、本学経済学科で、経済学への扉を開きましょう。