工学部

学部長あいさつ

工学部長 中沢 正利

工学部長 中沢 正利

東北学院大学工学部は、東北の地に高度な科学技術研究基盤と工業を確立する目的で、多賀城の地に1962年に設立されました。多賀城市は仙台駅からJR仙石線で約22分の、仙台市に隣接した東北地域屈指の学術研究都市であるとともに、日本三大史跡(奈良県平城京、多賀城(陸奥国府)そして福岡県太宰府)の一つに数えられる歴史的文化都市でもあります。

工学部の設立に当たって、当時の学長小田忠夫先生は「この地を日本のスコットランド、そして日本のスイスとするために工業技術の発展に寄与したい」とその設立の目的と意義を宣言されました。このことは、それから遡ることさらに76年前(1886年)に東北学院を創設した初代院長押川方義先生の夢でもありました。スコットランドは高性能の蒸気機関を発明したワットや電磁気学を完成したマックスウェル等の科学技術史上の偉人を輩出したことで有名であり、またスイスは精密機械工業を始め電子産業等の先端技術の発祥の地として知られています。この学部設立の思いは、現在の東北学院大学工学部にも連綿として受け継がれています。

本学工学部の教育理念は、「人類の幸福と望ましい環境の創造に必要な工学技術を理解し、かつ自ら思考できる人物を育成」することです。また、教育の目的としていることは、本学の建学の精神に基づいて、人間社会に貢献する「幅広い教養と正しい倫理観を持つ工学技術者」を養成することです。

工学部で学ぶ学生には、物理学・化学に基礎を置く「工業生産技術(ものづくり)、エネルギー供給技術、情報通信技術、新材料創成技術、建築技術および社会基盤創造技術」と、主として生命科学に基礎を置く生物工学・福祉工学・環境保全技術などの「人間の福祉の増進と地球環境の保全に貢献しうる技術」の基礎知識を身に付けてもらいます。また、それらを踏まえて、「真に高度なレベルの科学技術」とは何かを自ら思考できるようになる教育を行うことを目標にしております。さらに、この理念に基づく教育を通して、人間社会に貢献しうる真に有為な技術者を養成することを目指しています。

具体的な東北学院大学工学部の教育目標は、以下に掲げる5つの項目を身に付けることです。

  • 広くかつ深い教養に裏打ちされた隣人愛
  • 社会への献身的奉仕の精神
  • 科学技術における正確な知識と思考能力
  • 科学技術を通して人類福祉を向上させる力
  • 社会及び組織におけるリーダーシップ

単に技術知識を修得するだけではなく、新しい技術・新しい産業を生み出すために必要とされる「科学的に考える力」と、人類社会との関係の中で必要となる科学としての「人間の真の叡智」を学び、一人でも多くの「社会に貢献する工学技術者」を輩出するために、学生の視点に立つ最良の工学教育を提供します。

また、本学工学部では教養教育をも大切にしています。教養教育を通して、文化とは何か、幸福とは何か、そして人間の本当の豊かさとは何かを学ぶことは、現代社会を豊かに生きようとする人間にとって必要不可欠なことです。教養教育を身に付けずに工学系のような専門職の道に入ったとしても、自らを豊かにすることはできませんし、ましてや社会を豊かにすることはできません。正しい倫理観を持った技術者でなければ「真に高度なレベルの科学技術」が何かを見極め、そして人類のために役立てることはできないと思います。

特に学生の皆さんには、キリスト教の精神を基盤とする人類愛を学んでほしいと願っています。人類愛を学ぶとともに、たえず新しい人類愛を探求するという建学の精神を拠り所として、自らの進むべき道に自信を持ってこそ、真に個性的で自由な発想を生み出すことのできる豊かさを持った人間に成長できると思うからです。

本学工学部は、常に社会の新しい要請に応えられるよう、持続的に教育改革を続けていきます。21世紀に対応する科学技術教育を提供すべく学科の教育組織を見直し、入試方法やカリキュラム内容を改善し、ICT教育の大幅な拡充や工学基礎教育センターの設置など、これから入学してこられる学生の皆さん、そして現在この工学部で学んでいる学生の皆さんに対して、教育環境および教育内容を常に最良なものとして提供することに全力で取り組んでいきます。東北学院大学工学部が提供する教育プログラムにより21世紀にふさわしい科学技術を学んで、社会に大きく羽ばたかれることを期待します。

工学部
  • 東北学院大学 産学連携推進センター
  • ハイテクリサーチセンター
  • バイオテクノロジー・リサーチ・コモン
  • 東北学院大学土樋キャンパス整備計画
  • 工学部がリニューアルされます!