東北学院大学

Language

工学部 電子工学科

学科長あいさつ

電子工学科長 志子田 有光

電子工学科長
志子田 有光

電子工学科は、電気系の分野におけるエレクトロニクス技術の教育と研究を強化するために平成18年に開設されました。それ以来、エンジニアや教員など多くの優秀な卒業生たちが、地元優良企業を中心に広く社会や教育の現場で活躍しております。高い就職内定率を維持しているのは、個人実験ブースの導入などをはじめ、学生個々人の資質に合わせた実践的なカリキュラムを導入しているからです。

電子工学科では、学生の興味に合わせて次の2つのカリキュラムによる専門的講義を準備しました。「電子材料・デバイス系」のカリキュラムでは、スマートフォンや自動車技術などにも用いられる半導体デバイスの開発技術や、ナノテクノロジーを用いた次世代の新材料開発の技術などの基礎となる知識を得ることができます。また、「電子計測・制御系」のカリキュラムでは、電子回路や様々なセンサーの仕組みと、それらを用いた計測技術の実際について幅広く学習します。これらの2つの系からバランスよく興味に合わせて科目を履修し学習し知識を着実に蓄えることで、自ら考えて自発的に活動する自信と実践力を養うことができます。

また、四年生になると研究室への配属が決まり、さらに専門的な内容にチャレンジします。「電子材料・デバイス系」の研究室では、最先端の装置を装備した研究室において、次世代デバイスの研究や、夢の新材料開発の研究に取り組むことができます。「電子計測・制御系」の研究室では、レーザービームや超音波を用いた独自のセンシング技術(これまで観察できなかった現象などを観察できるようにする新しい技術)の開発、人体の脳や筋肉の状態から様々な情報を読み取り、人に優しいシステムを創造するための生体情報の研究や、情報セキュリティに関する研究など、幅広く経験することができます。

これら電子工学の応用分野は実に幅広く、身の回りにある最新のテクノロジのほとんど全てに応用されていると言っても過言ではありません。スマートフォンや各種ゲーム機、省エネに貢献するLED照明、デジタルカメラやタブレットPC、高速インターネットを支える装置、自動車の自動運転技術や次世代ロボット技術など数え上げればきりがありません。

これらの技術を理解し、扱える技術を持つ人材は、開発現場だけではなく、ビジネスの世界でも広く求められています。是非オープンキャンパスなどにお越しいただき、私達が行っている教育や研究に触れてください。心よりお待ちしております。