工学部

理念・目的、教育目標、到達目標

理念・目標

理念・目的

  • 自然科学を人類の福祉に応用するという工学の使命に基づき、電子技術の基礎と応用を教授する。
  • 先端的な半導体や光・磁気電子デバイスの原理を学習し、それらを計測や制御などに有効に応用できる基礎力のある学生を育てる。

教育目標

電子工学科における教育は、下記の事項を達成することを目標とする。

  • 工学技術者として必要な倫理観と自然科学の基礎の修得
  • 物理学系科目の学習による、電気電子工学とセンサ技術の基礎力の充実
  • 「電子物性系」と「電子応用・計測系」の系統性に配慮した専門性の確立
  • 1人1ブースで行う「電子工学実験」と「コンピュータ演習」による技術力の育成
  • 少人数教育による「電子工学セミナー」と「卒業研究」の実践をとおして個性を尊重した自律心の養成

学士課程の到達目標

  1. 工学の使命と技術者倫理の重要性を認識し、電子工学技術が社会に及ぼす影響を多面的に理解している。
  2. 技術者として必要とされる基礎的能力とともに、電気・電子工学の専門基礎を身につけている。
  3. 電子デバイスの基本原理を理解し、これを作製したり計測や制御などに応用する能力を身につけている。
  4. 電子工学に係る様々な課題について、それを理解し解決する方法を提案できる。
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学務部教務課多賀城キャンパス学務係
〒985-8537 宮城県多賀城市中央1-13-1
TEL.022-368-1119 FAX.022-368-7070
E-mail:gakumu@mail.tohoku-gakuin.ac.jp
※個別の取次ぎ依頼やスケジュールのお問い合わせはご遠慮ください。
工学部
  • 東北学院大学 産学連携推進センター
  • ハイテクリサーチセンター
  • バイオテクノロジー・リサーチ・コモン