工学部

教員紹介

教員プロフィール

中沢 正利 教授 (構造力学)

学位 工学博士 (東北大学 平成元年12月13日)
専門 構造解析学研究分野
所属学会 土木学会,日本鋼構造協会,日本計算工学会
その他 生年月日: 昭和33年11月 9日
出身:青森県十和田市
本籍:仙台市
担当科目 構造力学IIおよび演習、構造力学III、鋼構造および橋梁工学、数値解析演習、環境建設工学実験

■経歴

  新潟大学工学部土木工学科(新潟県長岡市)出身
  東北大学大学院工学研究科土木工学専攻博士課程単位取得後退学
昭和62年 4月 東北大学工学部助手に採用
平成 6年 1月 東北大学工学部講師に昇任
平成 8年 8月 東北大学工学部助教授に昇任
平成11年 4月 東北学院大学工学部土木工学科助教授に採用
平成14年 4月 東北学院大学工学部土木工学科教授に昇任
平成 4年 4月- 8年 3月 東北工業大学非常勤講師(鋼構造工学I, II)
平成 9年 4月- 10年 9月 東北学院大学非常勤講師(線形代数)

■業績

査読つき論文リスト
  • S.Kuranishi, M.Nakazawa and T.Iwakuma: On the tension field action and collapse mechanism of a panel under shear, Proc. of JSCE, Structural Eng./Earthquake Eng., Vol.5, No.1, pp.161s-171s, Apr., 1988.
  • S.Kuranishi, M.Nakazawa and T.Iwakuma: A new formula to predict the ultimate shear strength of a plate girder, Proc. of JSCE, Structural Eng./Earthquake Eng., Vol.6, No.2, pp.239s-250s, Oct., 1989.
  • 中沢正利・倉西 茂: プレートガーダー腹板の曲げ・せん断連成強度照査式, 構造工学論文集, Vol.37A, pp.239-247, Mar., 1991.
  • M.Nakazawa, T.Iwakuma and S.Kuranishi: Elastic buckling strength and post-buckling behavior of a panel under unequal bending and shear, Proc. of JSCE, Structural Eng./Earthquake Eng., Vol.8, No.1, pp.11s-20s, Apr., 1991.
  • S.Kuranishi, S.Sudou, M.Nakazawa and T.Iwakuma: Strength characteristics of channel beams under warping and twist prevention, Proc. of JSCE, Structural Eng./Earthquake Eng., Vol.9, No.1, pp.1s-9s, Apr., 1992.
  • S.Kuranishi, T.Iwakuma, S.Ohmoto and M.Nakazawa: Stiffness evaluation of submerged floating foundation moored by four cables, Proc. of JSCE, Structural Eng./Earthquake Eng., Vol.9, No.4, pp.227s-236s, Jan., 1993.
  • 中沢正利・倉西 茂・横幕 清: 種々の境界および荷重条件を統一的に考慮した弾性矩形板の線形座屈解析法, 構造工学論文集, Vol.39A, pp.105-114, Mar., 1993.
  • 池田清宏・岩熊哲夫・中沢正利・後藤 聡・堀 宗朗: 初期不整感度則による分岐特性の漸近近似法, 構造工学論文集, Vol.39A, pp.407-418, Mar., 1993.
  • M.Nakazawa, T.Iwakuma, S.Kuranishi and M.Hidaka: Instability phenomena of a rec\-tangular elastic plate under bending and shear, Int. J. Solids Structures, Vol.30, No.20, pp.2729-2741, 1993.
  • 佐藤恒明・倉西 茂・中沢正利: 接合板によりウェブプレートに生じる局部曲げ応力の簡易推定式, 構造工学論文集, Vol.40A, pp.1077-1085, Mar., 1994.
  • 佐藤恒明・倉西 茂・中沢正利: 鋼トラス橋の床桁ウェブに生じる二次応力の数値的原因分析, 土木学会論文集, 第492号/VI--23, pp.87-95, June, 1994.
  • S.Kuranishi, F.Naganuma, M.Nakazawa and T.Iwakuma: Mechanical behavior of metal contact joint, Proc. ASCE, J. Struct. Eng., Vol.120, No.7, pp.1977-1990, July, 1994.
  • 池田清宏・中沢正利・和知 聡: 長方形板の分岐階層構造の境界条件による退化, 土木学会論文集, 第507号/I-30, pp.65-75, Jan., 1995.
  • 中沢正利・石岡俊郎・倉西 茂: 連成荷重を受ける矩形板の弾性座屈強度簡易算定式の構築, 構造工学論文集, Vol.41A, pp.245-256, Mar., 1995.
  • 中沢正利・池田清宏・和知 聡・倉西 茂: 等曲げを受ける弾性矩形板に生じる二次座屈現象の解明, 土木学会論文集, 第519号/I-32, pp.67-78, July, 1995.
  • 中沢正利・香川仁志・岩熊哲夫: 面内一様圧縮力を受ける弾性基礎上平板の後座屈挙動, 構造工学論文集, Vol.43A, pp.281-288, Mar., 1997.
  • M.Nakazawa, K.Ikeda, T.Iwakuma, H.Kagawa and K.Yokoyama: Secondary buckling phenomena of elastic rectangular plate, Proceedings of the 5th International Colloquium on Stability and Ductility of Steel Structures, pp.103-110, 1997.7.
  • K.Ikeda and M.Nakazawa: Bifurcation hierarchy of a rectangular plate, Int. J. Solids Structures, Vol.35, No.7-8, pp.593-617, 1998.
  • 池田清宏・中沢正利・水木麻雄: 周期境界を持つ長方形領域の分岐パターン解析, 構造工学論文集、Vol.44A, pp.275-284, 1998.3.
  • 河野公一・横山 薫・中沢正利・岩熊哲夫: 非偏平な薄肉円筒シェルの後座屈挙動, 応用力学論文集、Vol.1, pp.65-72, 1998.8.
  • 中沢正利・山崎誠幸・松本秀樹・岩熊哲夫: 接触効果を考慮した圧縮板の強度特性, 構造工学論文集、Vol.45A, pp.117-124, 1999.3.
  • 内海和仁・中沢正利・岩熊哲夫: ボイド損傷理論に基づく材料劣化の二次元変形解析, 応用力学論文集、Vol.2, pp.383-390, 1999.8.
  • 栗原 修・中沢正利・安藤 聡・岩熊哲夫: 鋼製橋脚振動系の弾塑性応答の推定に関する一考察, 応用力学論文集、Vol.2, pp.515-521, 1999.8.
  • 山崎誠幸・中沢正利・岩熊哲夫: 繰り返し載荷を受ける材料のボイド損傷理論に基づく数値解析, 応用力学論文集、Vol.3, pp.343-349, 2000.8.
  • 井林 康・中沢正利・尾坂芳夫・鈴木基行: 地震入力総エネルギーおよび地震入力単位エネルギーを考慮したRC橋脚の損傷度評価法の提案, 土木学会論文集、第676号/V-51, pp.1-11, 2001.5.
  • 内海和仁・中沢正利・岩熊哲夫: 鋼桁―RC橋脚剛結部の拘束効果と材料劣化の三次元解析, 応用力学論文集、Vol.4, pp.317-324, 2001.8.
  • 西原照雅・岩熊哲夫・後藤文彦・中沢正利: せん断を受ける地盤における局所変形の3次元的発達, 応用力学論文集、Vol.5, pp.565-572, 2002.8.
  • 李 相勲・中村 光・中沢正利・石川雅美・遠藤孝夫: 横波の波動伝播を考慮した半無限連続高架橋におけるエネルギー伝達境界の定式化, 鉄道力学論文集,No.9, pp.55-60, 2005.7.
  • 李 相勲・中沢正利・遠藤孝夫・石川雅美: 半無限連続高架橋における粘性境界の設定, 応用力学論文集、Vol.8, pp.189-198, 2005.8.
  • 黒木誠一郎・中沢正利・岩熊哲夫: 損傷の発展則を含む複合材料の平均化を用いた弾塑性有限要素, 応用力学論文集、Vol.8, pp.377-384, 2005.8.
  • 李 相勲・中沢正利・遠藤孝夫: マスーバネ系モデルにおける粘性境界設定の簡便法, 土木学会地震工学論文集,Vol.29, pp.426-431, 2007.8.
  • 有尾一郎・中沢正利: 竹節の形態組織構造から学ぶ軽量最適化構造の創造設計, 第8回木橋技術に関する論文報告集, pp.37-47, 2009.8.
  • 有尾一郎・田中義和・中沢正利・古川祐輔・近広雄希: 最適化構造概念に基づく新しい応急仮設橋のプロトタイプ技術開発、土木学会構造工学論文集, Vol.56A, pp.1-12, 2010.3.
  • I.Ario and M.Nakazawa: Non-linear dynamic behaviour of multi-folding microstructure systems based on origami skill, Int. J. Non-Linear Mechanics, Elsevier, Vol.45, pp.337-347, 2010.5.
  • 有尾・田中・中沢・近広・作野・椿・谷倉・小野・古川: 災害復旧・救助を想定した移動して折畳める橋「モバイルブリッジTM」の架設実験、土木学会安全問題研究論文集,Vol.5, pp.127-132, 2010.11.
  • 中沢・有尾: シザーズ構造を応用した応急展開橋の力学特性、土木学会安全問題研究論文集,Vol.5, pp.133-138, 2010.11.
  • I.Ario, M.Nakazawa, Y.Tanaka, I.Tanikura and S.Ono: Development of a prototype deployable bridge based on origami skill, Automation in Construction, Elsevier, Vol.32, pp.104-111, 2013.3.
  • 近広・有尾・小野・中沢: 緊急小型車両の通行を想定した新しい緊急橋の実験的研究、平成25年度建設施工と建設機械シンポジウム論文集、日本建設機械施工協会、pp.49-54, 2013.11.(優秀論文賞)
査読なし論文・その他
  • 中沢正利: 弾性薄肉平板の座屈後不安定挙動, 第8回宇宙構造物シンポジウム論文集, pp.161-166, 1992.
  • 佐藤恒明・中沢正利・嶋野慶次・須賀政彦: 弾性矩形板の曲げ解析手法の一般化について, 木更津工業高等専門学校紀要, 第28号, pp.65-69, 1995.
  • 佐藤恒明・中沢正利・嶋野慶次・須賀政彦: 自由端を有する弾性矩形板のたわみ形に含まれる未定係数について, 木更津工業高等専門学校紀要ノート, 第28号, pp.217-220, 1995.
  • 土木学会鋼構造委員会鋼構造終局強度研究小委員会: [委員会報告] 鋼構造物の終局強度と設計, 土木学会論文集, No.507/I-30, pp.1-8, 1995.1.
  • 中沢正利・有尾一郎・岩熊哲夫: 鋼製円筒橋脚に生じた局部座屈変形の数値処理, 第2回阪神・淡路大震災に関する学術講演会, pp.207-212, 1997.1.
  • 有尾一郎・中沢正利: 竹の形態構造から学ぶ円筒系構造の最適化問題, 第5回システム最適化に関するシンポジウム講演論文集,pp.55-61, 1997.12.
  • 佐藤恒明・中沢正利・藤本国博: 矩形板の後座屈挙動および塑性座屈解析への動的緩和法の適用, 木更津高専紀要,第31号,pp.17-27, 1998.2.
  • 中沢正利・目黒 誠・岩熊哲夫: 二重円筒鋼製橋脚による延性向上策の検討, 第2回鋼構造物の非線形数値解析と耐震設計への応用に関する論文集, pp.57-62, 1998.11.
  • 佐藤恒明・中沢正利・河野公一: 薄肉円筒シェルの後座屈挙動解析, 木更津高専紀要,第32号,pp.23-32, 1999.2.
  • 安藤 聡・中沢正利: 等価一自由度モデルによる鋼製ラーメン橋脚の地震時終局変位算定に関する一考察, 東北学院大学工学部研究報告,第35巻,第1,2号, pp.71-77, 2001.3.
  • 新山篤史・山内裕之・中沢正利: 腐食を受けた板要素の圧縮耐荷力特性について, 東北学院大学工学部研究報告,第36巻,第1号, pp.43-48, 2001.9.
  • 沼田光徳・中沢正利: 鋼製ラーメン橋脚の地震時応答特性, 東北学院大学工学部研究報告,第36巻,第1号, pp.49-54, 2001.9.
  • 千田佳広・中沢正利: 非対称単柱鋼橋脚の地震応答解析, 東北学院大学工学部研究報告,第37巻,第1号, pp.31-36, 2002.10.
  • 藤森千穂・長澤 忍・中沢正利: 合成桁の垂直補剛材間隔拡大のためのせん断強度解析, 東北学院大学工学部研究報告,第37巻,第1号, pp.37-41, 2002.10.
  • 最上和美・中沢正利: 均質化法を用いたマルチスケール構造解析に関する理論展開, 東北学院大学工学部研究報告,第37巻,第1号, pp.43-49, 2002.10.
  • 田上 俊・菅谷千秋・中沢正利: 均質化法における局所化手法に関する一数値解析, 東北学院大学工学部研究報告,第37巻,第1号, pp.51-57, 2002.10.
  • 村岡孝重・中沢正利: 最小二乗法と拡張カルマンフィルタによる構造物性逆解析の実用的精度に関する検証, 東北学院大学工学部研究報告,第40巻,第1号, pp.73-78, 2006.3.
  • 李 相勲・中沢正利・遠藤孝夫: 連続高架橋における粘性境界の伝播速度設定に関する一提案, 東北学院大学工学部研究報告,第41巻,第1号, pp.38-41, 2006.12.
  • 今野雄喜・中沢正利: 非線形振動における摩擦係数の逆解析に関する研究, 東北学院大学工学部研究報告,第41巻,第1号, pp.42-47,
  • M.Nakazawa, I.Ario and A.Watson: Structural Analysis for the Multi-folding and Deployable Structures, 6th International Conference on Computation of Shell&Spatial Structures(IASS-IACM 2008-6th ICCSSS), 2008.5.
  • I.Ario, A.Watson, M.Nakazawa and S.Wang: Bifurcation Analysis using Nonlinear Dynamics for the Multi-Folding Structures, 8th World Congress on Computational Mechanics(WCCM8), and 5th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering(ECCOMAS 2008), 2008.6.
  • I. Ario, A. Watson and M. Nakazawa: Multi-Folding Behaviour of a Tree Structure, Proc. of 7th EUROMECH Solid Mechanics Conference, 2009.9.
  • I. Ario and M. Nakazawa: DYNAMIC POST-BUCKLING ANALYSIS OF THE MICRO-FOLDING Augusti 3D MODEL WITH LOCAL SYMMETRY-BREAKINGS, AIMETA2009(Italian theoretical and applied mechanics society), 2009.9.
  • I.Ario, A.Watson and M.Nakazawa: Dynamic Post-buckling Analysis of the Fullerene Symmetric Structures Based on the Block-diagonalization Method, Third International Conference on Steel and Composite Structures(ICSCS07), 2007.7.
  • I.Ario, A.Watson, M.Nakazawa and S.Wang: Local/Global Structural InstI.Ario, A.Watson, M.Nakazawa and S.Wang: Local/Global Structural Instability for the ability for the Folding Structures with Multi-Bifurcation, Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics(APCOM'07) and the Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science(EPMESC XI), 2007.12.
  • M.Nakazawa, I.Ario and A.Watson: Structural analysis for the multi-folding and deployable structures, 6th International Conference on Computation of Shell&Spatial Structures(IASS-IACM 2008-6th ICCSSS), 2008.5.
  • I.Ario, A.Watson, M.Nakazawa and S.Wang: Bifurcation Analysis using Nonlinear Dynamics for the Multi-Folding Structures, 8th World Congress on Computational Mechanics(WCCM8), and 5th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering(ECCOMAS 2008), 2008.6.
  • I. Ario, A. Watson and M. Nakazawa: Multi-Folding Behaviour of a Tree Structure, Proc. of 7th EUROMECH Solid Mechanics Conference, 2009.9.
  • I. Ario and M. Nakazawa: DYNAMIC POST-BUCKLING ANALYSIS OF THE MICRO-FOLDING Augusti 3D MODEL WITH LOCAL SYMMETRY-BREAKINGS, AIMETA2009(Italian theoretical and applied mechanics society), 2009.9.
  • 有尾一郎,田中義和,中沢正利,古川祐輔,近広雄希: 高効率で折畳める橋構造物の開発研究(解析編),第25回宇宙構造・材料シンポジウム,2009.12.
  • 田中義和,有尾一郎,中沢正利,古川祐輔,近広雄希: 高効率で折畳める橋構造物の開発研究(実験編),第25回宇宙構造・材料シンポジウム,2009.12.
  • I.ARIO, Y.TANAKA, M.NAKAZAWA, Y.FURUKAWA, Y.CHIKAHIRO, I.TANIKURA, S.ONO: Development of the Prototype of a New Emergency Bridge based on the Concept of Optimized Structure, Proc. 6th of China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems, 2010.6.
  • I.ARIO, Y.FURUKAWA, Y.TANAKA, Y.CHIKAHIRO, S.MATSUMOTO, M.NAKAZAWA, I.TANIKURA, and S.ONO: DYNAMIC VIBRATION OF A PROTOTYPE DEPLOYABLE BRIDGE BASED ON MFM, The proceedings of the 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics(WCCM/APCOM 2010), 2010.7.
  • I.ARIO, A.Watson and M.Nakazawa: Multi-Folding Behaviour of a Tree Structure, The proceedings of the 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM/APCOM 2010), Sydney, Australia, Vol.9, pp.19-23, 2010.7. [ISBN 978-0-9808244-0-7]
  • I.Ario, M.Nakazawa, Y.Tanaka, I.Tanikura and S.Ono: DEVELOPMENT OF A PROTOTYPE DEPLOYABLE BRIDGE BASED ON ORIGAMI SKILL, ISARC2011(The 28th International Symposium on Automation and Robotics in Construction), S28-5, 2011.2.
  • M.Nakazawa and I.Ario: Structural Characteristics of Scissors type-Emergency Bridges, 5th Australian Small Bridges Conference, 2012.11.
  • I.Ario, M.Nakazawa, Y.Chikahiro, Y.Tanaka, I.Tanikura and S.Ono: Smart bridge design concept to rebuild up deployable bridge based on post-buckling theory, 5th Australian Small Bridges Conference, 2012.11.
  • Y.Chikahiro, I.Ario, Y.Mori, Y.Tanaka, M.Nakazawa, I.Tanikura and S.Ono: New bridge design&analysis of the prototype a foldable bridge, 5th Australian Small Bridges Conference, 2012.11.
著書
  • 「阪神・淡路大震災調査報告」No.5  土木構造物の被害原因の分析 第4章構造システムと耐震性 4.2.3 鋼製橋脚のシミュレーション例,土木学会,pp.171-175, 1999.8. [ISBN 4-8106-0208-7]
  • 「鋼構造架設設計施工指針 [2001年度版]」,4.4 本体構造物の照査,土木学会,pp.34-38, 2002.3. [ISBN 4-8106-0254-0]
  • 「鋼構造の限界強度の評価法に関する研究調査報告書」,第4編1~3,土木学会鋼構造委員会編,pp.4-1~4-6, 2002.3.
  • 「座屈設計ガイドライン 改訂第2版[2005年版]」,12章 プレートガーダー・ボックスガーダー,土木学会鋼構造委員会,pp.187~220, 2005.10. [ISBN 4-8106-0450-0]
  • 「鋼・合成構造標準示方書 総則編・構造計画編・設計編(2007年制定)」,第13章,土木学会鋼構造委員会鋼・合成構造標準示方書小委員会、pp.200-224, 2007.10. [ISBN 978-4-8106-0565-5]
  • 「海外の仮橋の進化」, 「橋梁と基礎」2012年8月特集号「災害復旧で活躍する技術・橋梁」pp.119-120, 2012.8.(随筆)
学外活動(研究)
  • 平成 4年 9月-- 6年 5月: 土木学会・鋼構造終局強度研究小委員会 材料及び細部構造分科会幹事
  • 平成 4年10月-- 8年 5月: 土木学会・土木図書館委員会委員兼幹事
  • 平成 7年 7月-- 9年 6月: 土木学会構造工学委員会構造工学震災調査特別小委員会 WG2 委員
  • 平成 8年 4月--10年 3月: 日本計算工学会・第一研究分科会「形態非線形問題の調査・研究」委員
  • 平成 8年 4月--10年 3月: 土木学会構造工学論文集編集小委員会 構造安定耐荷力部門分科会委員
  • 平成 9年 5月--11年 3月: 建設省東北地建・新車両用防護柵標準規格検討委員会委員
  • 平成 10年 4月--現在: 鋼橋技術研究会・技術情報部会委員
  • 平成 10年 6月--12年 3月: 土木学会鋼構造委員会:鋼構造の限界強度・保有性能の評価法に関する研究小委員会委員
  • 平成 10年 6月--13年 3月: (社)日本鋼構造協会・既設鋼構造物の耐久性評価法と補修補強工法に関する調査研究小委員会委員
  • 平成 10年 6月--13年 3月: 日本道路公団・鋼箱桁橋の合理的な設計・施工に関する技術検討委員会委員
  • 平成 11年 8月--13年 3月: 日本道路公団・鋼2主桁ラーメン橋の剛結部に関する技術検討委員会委員
  • 平成 11年 4月--14年 3月: 土木学会鋼構造委員会:鋼構造架設設計施工指針小委員会委員
  • 平成 14年 2月--17年 1月: 土木学会鋼構造委員会:座屈設設ガイドライン改訂委員会委員
  • 平成 14年 4月--16年 3月: 土木学会論文集編集委員会第1小委員会委員
  • 平成 15年 8月--18年 3月: 土木学会鋼構造委員会 鋼・合成構造標準示方書小委員会委員
  • 平成 21年 4月-- 土木学会応用力学委員会委員
  • 平成 21年 6月-- 土木学会鋼構造委員会委員
  • 平成 21年11月-- 国土交通省東北地方橋梁保全検討委員会委員
  • 平成 21年12月-- 平成 22年3月: 国土交通省東北地方整備局 道路橋の維持・補修マニュアル検討委員会委員
  • 平成 21年11月-- 国土交通省東北技術事務所橋梁保全検討委員会委員
  • 平成 21年 8月-- 宮城県一般県道大島浪板線大島架橋設計準備会委員
  • 平成 24年 11月-- 国交省東北地方整備局 気仙沼湾横断橋技術検討委員会委員長
研究分野一覧

[構造力学,構造工学、構造解析学、応用力学]

  • 1982--1989年: 鋼桁構造ウェブの耐荷力に関する総合的研究
  • 1989--1992年: 弾性矩形板の解析的解法と二次座屈現象に関する研究
  • 1992--1995年: 動的緩和法(DRM)による弾塑性座屈および変形の局所化現象に関する研究
  • 1995--1999年: 鋼製橋脚の静的繰り返し耐荷力の評価および変形能の向上に関する研究
  • 1998--2006年: ボイド損傷理論を用いた剛性劣化の3次元進展解析
  • 1999--2004年: 腐食を受けた鋼板の圧縮耐荷力特性に関する研究
  • 2003--2006年: 孔明き鋼板ジベルのせん断耐力に関する実験的研究
  • 2004--2006年: カルマンフィルタを用いた逆解析手法に関する研究
  • 2006--2008年: パンタグラフ型トラス構造の分岐挙動に関する研究
  • 2008--2010年: 部分係数設計法の適用性に関する研究
  • 2008--2011年: 応急橋に応用可能なシザーズ構造の力学特性に関する研究
  • 2011--2013年: 二重シザーズ構造の力学特性に関する研究
論文題目
  • Ultimate strength and design of thin-plate elements of steel bridge girders under shear (鋼桁橋のせん断を受ける薄板要素の耐荷力と設計法に関する研究)
資格
  • 技術士(建設部門:平成14年),基本情報技術者
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学務部教務課多賀城キャンパス学務係
〒985-8537 宮城県多賀城市中央1-13-1
TEL.022-368-1119 FAX.022-368-7070
E-mail:gakumu@mail.tohoku-gakuin.ac.jp
※個別の取次ぎ依頼やスケジュールのお問い合わせはご遠慮ください。
工学部
  • 東北学院大学 産学連携推進センター
  • ハイテクリサーチセンター
  • バイオテクノロジー・リサーチ・コモン