工学部

教員紹介

教員プロフィール

飛田 善雄 教授 (地盤力学)

学位 工学博士 (東北大学 昭和62年 3月)
専門 地盤工学研究分野
所属学会 土木学会、地盤工学会
その他 生年月日: 昭和29年 3月 1日
担当科目 地盤力学IIおよび演習、微分積分学、工業英語、環境土木工学実験、工学系線形代数学

■経歴

  東北大学大学院土木工学専攻修士課程
昭和53年4月--昭和60年3月 東北大学工学部助手
昭和60年4月--平成5年3月 八戸工業大学工学部講師・助教授
平成 5年4月--平成7年3月 東北学院大学工学部助教授
平成 7年4月--現在 東北学院大学工学部教授

■業績

公表論文リスト
  • Y. Tobita and E. Yanagisawa (1980): Stress strain relationship of sand and its application to FEM analysis, Proceedings of International Symposium under Cyclic and Transient Loading, Elsevier Science Publishers, pp.653-664.
  • S. Nemat Nasser and Y. Tobita (1982): Influence of fabric on liquefaction and densification potential of cohesionless sand, Mechanics of Materials, Vol.1, pp.43-62.
  • Y. Tobita and E. Yanagisawa (1982): Prediction of seismic pore pressure based on internal change of sand in shear deformation, 第6回日本地震工学シンポジウム講演集, pp.601-607.
  • Y. Tobita (1983): The significance of the fabric tensor in the deformation behavior of saturated sand in cyclic shearing, Mechanics of Granular Materials: New Models and constitutive Relations, Jenkins and Satake(eds.), Elsevier Science Publishers, pp.41-51.
  • Y. Tobita (1983): Effects of fabric change on deformation characteristics of sand in cyclic shearing, in Advances in the Mechanics and the Flow of Granular Materials, Shahinpoor(ed.), Trans Tech Publications, pp.885-901.
  • 飛田善雄、柳沢栄司 (1985): 砂の様な粒状体の構造、応力、運動則に関する準巨視的考察、土木学会論文集、第364号、pp.77-86.
  • 飛田、加藤、柳沢 (1986): 砂の様な粒状体の構成則としてのすべりモデルの定式化と適用性、土木学会論文集、第370号, pp.57-66.
  • Y. Tobita and E. Yanagisawa (1986): The applicability and limitation of the anisotropic hardening model to cyclic deformation behavior of soils, 第7回日本地震工学シンポジウム講演集, pp.601-606.
  • Y. Tobita (1986): A macroscopic constitutive model for geomaterials with account for two micromechanical sources of inelastic deformation with emphasis on granular materials, 八戸工業大学紀要, pp.108-118.
  • Y. Tobita and E. Yanagisawa (1988): Contact tensor in constitutive model for granular materials, Micromechanics of Granular Materials, Satake and Jenkins(eds.), Elsevier Science Publishers, pp.263-270.
  • Y. Tobita (1988): Yield Condition of anisotropic granular materials, Soils and Foundations, Vol.28, No.2, pp.113-126.
  • Y. Tobita (1989): Fabric tensors in constitutive equations for granular materials, Soils and Foundations, Vol.29, No.4, pp.91-104.
  • 飛田善雄 (1989): 砂の構成式:連続体力学の応用,第34回土質工学シンポジウムー21世紀の土質工学を考える、pp.203-210.
  • Y. Tobita (1989): Fabric Tensors and Fabric anisotropy in constitutive models in Mechanics of Granular Materials, Satake(ed.), JSSMFE.
  • 飛田善雄 (1990): 地盤材料のせん断帯解析の必要性と現状, 土と基礎, Vol.38, No.12, pp.17-22.
  • Y. Tobita (1991): Incrementally Nonlinear constitutive equation for geomaterials, 八戸工業大学紀要、pp.114-123.
  • Y. Tobita and E. Yanagisawa (1992): Modified stress tensors for anisotropic behavior of granular materials, Soils and Foundations, Vol.32, No.1, pp.85-99.
  • Y. Tobita (1992): Modified double slip model with fabric anisotropy for hardening behavior of granular materials, in Advances in Micromechanics of Granular Materials, H.H. Shen et al.(eds.), Elsevier Science Publishers, pp.203-212.
  • 飛田善雄・吉田望 (1992): 砂の繰り返し挙動における異方性・非共軸性・増分非線形性、第6回計算力学シンポジウム報文集、pp.309-316.
  • 飛田善雄・吉田望 (1993): 砂のような粒状体の増分非線形モデル:重要性と定式化、構造工学論文集、Vol.39A, pp.387-398.
  • Y. Tobita (1993): Modified double slip model for anisotropic hardening behavior of granular material, Mechanics of Materials, Vol.16, pp.91-100.
  • 飛田善雄 (1993): 構造テンソルと異方性の表現, 土質工学会誌土と基礎、Vol.41, No.9, pp.77-83.
  • 飛田善雄 (1994): 砂の様な粒状体の二重すべりモデル:異方性の導入と非比例負荷経路への適用性、構造工学論文集、Vol. 40A, pp.457-468.
  • Tobita, Y. and Yoshida, N. (1994): An isotropic bounding surface model for cyclic behavior of sand: Limitation and modification, Proc. of Int. Conf. on Prefailure behavior of sands, Sapporo, pp.457-462.
  • 飛田善雄 (1994): 砂の様な粒状体の構成式の安定性、地盤の破壊とひずみの局所化に関するシンポジウム発表論文集、土質工学会、pp.127-134.
  • Tobita, Y. and Yoshida, N. (1995): Stability of mechanically well behaved constitutive model in liquefaction analysis of saturated sands, Earthquake Geotechnical Engineering(eds. Ishihara et al.), Balkema, pp.429-434.
  • 飛田善雄 (1996): 非対称性を示す速度型構成モデルの安定性の条件、構造工学論文集、土木学会、Vol.42A, pp.297-306.
  • Tobita, Y. (1997): Importance of incremental nonlinearity in the deformation of granular materials, in IUTAM symposium on Mechanics of Granular Materials(eds. N.A. Fleck and C.E. Cocks), Kluwer Academic Publishers, pp.139--150
  • Tobita, Y. (1997): Stability condtion of geomaterials with nonsymmetric constiutive matrix, in Deformation and Progresseive Failure in Geomechanics(eds. Asaoka, Adachi, and Oka), Pergamon, pp.51-56.
  • N. Hiruma, H. Naito, and Y. Tobita (1998): A quantitative evaluation of swelling behavior of soft rocks, in Problematic Soils(Yanagisawa et al. eds.), Volume 1, pp.275-278.
  • 飛田善雄、日野田育子(1999):地盤材料の構成モデル:物性表現か数理モデルか、第44回地盤工学シンポジウム論文集、地盤工学会、pp.167-172
  • Tobita,Y.,Kamo,K.,and Yoshida,N.(2001):Constitutive formulation of cyclic and liquefaction behavior of sand with account for fabric changes, Powders and Grains 2001,pp.255-258
  • 飛田善雄(2001):地盤材料の構成モデル:さらに発展するために,土木学会誌,Vol.86,5月号,pp.42-45
  • 飛田善雄,加茂謙一(2002):増分非線形モデルの数学的構造・定式化と主応力回転時の挙動の検証,土木学会応用力学論文集,Vol.5,pp.295-306
  • 山口晶,仙頭紀明,風間基樹,飛田善雄(2002):原位置試料を用いた埋立人工島のハイブリッド地震応答実験,第11回日本地震工学シンポジウム論文集,CD-ROM,pp.791-796
  • 飛田善雄,稲垣太浩,五十嵐勝,田口衛(2003):東北の軟弱地盤と対策事例,基礎工,Vol.31, No.3, pp.35-38
  • 飛田善雄,山口晶,藤井伸晃,金原瑞男(2003):工学材料の異方的挙動の簡易な表現方法:修正応力法の地盤材料への適用,土木学会応用力学論文集,Vol.6,pp.407-418
  • 飛田善雄(2004):地方私大における教育改善の試み,土木学会誌,Vol.89,No.2,pp.021-023
  • 飛田善雄,吉田望(2004):地盤材料に対する構成モデルの現状と課題:展望,地盤工学会誌「土と基礎」総説,Vol.52, No.8, pp.1-6
  • Tobita Yoshio, Yamaguchi Akira, Fujii Nobuaki, Nishimura Osamu(2004): Description of Anisotropic Behavior of Sand through the Modified Stress Method, COMPUTATIONAL MECHANICS, WCCM VI in conjunction with APCOM'04,, Beijing,
  • 山口晶,飛田善雄,風間基樹(2004),非排水繰返しせん断履歴後に間隙水の流入を受ける土のせん断特性,土木学会論文集,No.778/Ⅲ-69, pp.139-150
  • 山口晶,風間基樹,飛田善雄(2005),軟弱粘性土層を有する地盤の最大加速度応答,第50回地盤工学シンポジウム H17年度論文集,pp441-448
  • 山口晶,吉田望,飛田善雄(2006),液状化深さが噴砂現象に与える影響について,第12回日本地震工学シンポジウム論文集,CD-ROM,pp.710-713
  • 山口晶,吉田望,飛田善雄(2006),液状化に伴う噴砂メカニズムに関する研究,東北学院大学工学部報告41巻1号,p48-53
  • 飛田善雄,三塚保法,山口晶,吉田望(2008),密度と拘束圧依存性を考慮した砂の構成モデルの検証,土木学会,応用力学論文集,Vol.11,pp.411-422
  • 山口 晶,吉田 望,飛田善雄(2010),土粒子の水中落下が再液状化に与える影響,土木学会論文集C,Vol.66, No.2,pp.407-417
  • 森友宏,飛田善雄,今西肇(2012),東北地方太平洋沖地震による宮城県南部地区における地盤災害 ,地盤工学ジャーナル Vol.7,No.1,pp67-78
  • 山口 晶,吉田 望,飛田善雄(2012),2011年東北地方太平洋沖地震における鳴瀬川と吉田川周辺の噴砂について,地盤工学ジャーナル,Vol.7,Mo.1,pp.243-251
  • T. Mori,Y.Tobita,T.Okimura(2012)The damage to hillside embankments in Sendai city during The 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake,Soils and Foundations, Vol.52,5,pp910~928
学外活動(5カ年)
  • 平成22年4月―平成25年4月:公益社団法人地盤工学会東北支部 支部長
  • 平成23年10月―平成27年10月:仙台市宅地保全審議会会長 技術専門委員会委員長
  • 平成24年4月―現在:国道交通省コンプライアンスアドバイザリー委員会委員
  • 平成25年5月―現在:公益社団法人 地盤工学会東北支部渉外委員会委員長
  • 平成27年6月―平成29年5月:公益社団法人土木学会 主査理事(調査研究部担当)
研究分野一覧

[地盤工学、地盤力学、応用力学,リスク工学]

  • 地盤材料の構成モデルに関する研究
  • 多相混合体基礎理論の地盤工学的応用に関する研究
  • 重金属を含む地盤材料の有効利活用を目的とする工法に関する研究
  • リスク解析の地盤工学への応用に関する研究
  • 地盤工学の諸問題のリスクコミュニケーションおよび合意形成に関する研究
論文題目
  • A Micromechanical Consideration on Constitutive Models of Granular Materials (粒状体の構成モデルに関する微視的考察)
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学務部教務課多賀城キャンパス学務係
〒985-8537 宮城県多賀城市中央1-13-1
TEL.022-368-1119 FAX.022-368-7070
E-mail:gakumu@mail.tohoku-gakuin.ac.jp
※個別の取次ぎ依頼やスケジュールのお問い合わせはご遠慮ください。
工学部
  • 東北学院大学 産学連携推進センター
  • ハイテクリサーチセンター
  • バイオテクノロジー・リサーチ・コモン