東北学院大学

Language

工学部 情報基盤工学科

教員紹介

教員プロフィール

木下 勉 准教授 (形状処理工学)

木下 勉 准教授

学位 博士(工学)
専門 3次元形状処理工学
所属学会 芸術科学会
その他 趣味:ドライブ, 旅行, エレキギター
担当科目 数理的思考の基礎, 統計的思考の基礎, 情報数理演習Ⅰ・Ⅱ, 応用線形代数学, 応用線形代数学演習, 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
■研究テーマ
  • 3次元データを対象とした欠落形状推定に関する研究
  • 3Dプリンタに向けたデータ最適化に関する研究
■経歴
1989年(平成元)年3月 新潟県立新潟南高等学校卒業
1993年(平成5)年3月 東京理科大学理学部第一部数科卒業
1993年(平成5)年4月 トヨタ自動車株式会社入社
1998年(平成10)年4月 ニフティ株式会社入社
2001年(平成13)年1月 ラティス・テクノロジー株式会社入社
2013年(平成25)年10月 岩手大学工学研究科博士後期課程電子情報工学専攻 修了
2015年(平成27)年4月 福井工業大学環境情報学部経営情報学科 准教授
2017年(平成29)年4月 東北学院大学工学部情報基盤工学科 准教授
■業績
  • 佐々木将希, 木下勉, 松山克胤, 千葉史, 今野晃市, "石器剥離面のB-spline曲面近似に基づく計測点群の圧縮・復元手法", 芸術科学会論文誌, Vol.15, No.2, pp.43-54, 2016.
  • G. Silayi, T. Kinoshita, K. Matsuyama, K. Konno,"Generating a Reference Model of the Surface with a Hole for Downstream Process", Computer Aided Design and Applications, Vol.13, No. 4, pp.530-537, 2016.
  • 木下勉, 松山克胤, 今野晃市, "曲面の流れを考慮したトリム曲面の推定手法", 芸術科学会論文誌, Vol.14, No.4, pp.129-139, 2015.
  • G. Silayi, T. Kinoshita, Y. Muraki, K. Matsuyama, K. Konno, "Evaluation of 3D Data Compression and Retrieval Method Based on Curve Mesh Filling", Computer Aided Design and Applications, Vol.12, No.5, pp.546-554, 2015.
  • T. Kinoshita, K.Matsuyama, K.Konno, "An Estimation of Earthenware's Surface Shape Using Quadric Surfaces", The Journal of Art and Science, Vol.13, No.1, pp.21-33, 2014.
  • 木下勉,村木祐太,松山克胤,今野晃市, "トリム曲面を用いた土器の欠落形状の表現手法", 芸術科学会論文誌, Vol.11, No.3, pp.47-58, 2012.