人間情報学研究科

理念・目的、教育目標

特色

本研究科は、教養学部を母体にして、人間と情報をキーワードとした学際性を標傍する大学院です。教育スタッフは、新進気鋭の研究者群と国際的に活躍するベテラン研究者群からなる多彩な顔ぶれ。大学院生は、社会・行動・生命情報各研究領域のひとつをコアとして主たる専門にし、その専門を支える基礎科目である物理・情報・人文社会諸学などからの幅広い基礎的な研究の支援を受けて、学際的な研究教育を実のあるものにしています。

理念・目的

人間にとって真に望ましい情報化社会の創造を目的として、人間情報学の高い専門性の修得とともに人間及び人間を取り巻く種々の環境への深い洞察力を涵養し、幅広い視野から実社会の諸問題の解決に学際的、独創的に貢献する専門家を育成する。

教育目標

  1. 学際性の重視:社会情報学、行動情報学、生命・情報学に地域情報学分野を加えたカリキュラムによって、多様な専門領域の有機的連携を重視した学際性の高い教育研究を行う。
  2. 社会貢献:望ましい情報化社会の実現に貢献する教育研究機関として、社会の要望に応える。
  3. 知の実践的統合:地域社会の諸課題に取り組む社会人など、幅広い経験や背景を持つ者も大学院学生として受け入れ、知の実践的統合を促進する。
  4. 独特な指導体制:異分野の教員も指導教員として加える研究指導体制により、1.に掲げる教育目標を実現する。
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 泉キャンパス学務係
〒981-3193 宮城県仙台市泉区天神沢2丁目1-1
TEL.022-375-1141 FAX.022-375-5050
E-mail:izgakm@mail.tohoku-gakuin.ac.jp