法学研究科

理念・目的、教育目標

法律学専攻(博士課程)

理念・目的

人間の尊厳への深い理解を追及しつつ、法又は政治についての先進的な研究を推進するとともに、法又は政治に関する体系的な、最新の知識とその応用を修得させる。

教育目標

次のような人材を養成し、再教育をも行う。

  1. 法又は政治に関する専門職業人(税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士など)
  2. 法又は政治に関する高度な専門知識を生かした職業人(公務員、企業人、教員、団体職員など)
  3. 法又は政治に関する高度な専門知識を有する社会人
  4. 法又は政治に関する研究者
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学務部教務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6365
E-mail:daigakuin@mail.tohoku-gakuin.ac.jp