東北学院大学

Language

法学部 法律学科

卒業生インタビュー

県民の皆様に分かりやすく

福島県 会津地方振興局 県税部 勤務
一條 麻梨菜さん

2011年3月 法学部 法律学科卒業

ゼミで学んだ法律の読み方やさまざまな解釈、行政に関する判例等の知識を、今も常に意識しながら仕事に携わっています

「分かりやすく・論理的に説明する力」を活かして

法律学科では、幅広い分野の法学・政治学の知識を身につけるとともに、社会現象を法律的に捉える能力を養うことができました。また、少人数ゼミで先生や仲間とじっくり思考を追究する時間があったからこそ、自分の考えをしっかりと持ち、社会に出ることができたと思っています。今でも日々ミスや葛藤はありますが、公務員はとかく堅い印象を持たれがちですので、在学中に培った「分かりやすく・論理的に説明する力」を活かし、できるだけ専門用語を使わず、県民の皆様にお伝えしていけるよう心がけています。


私の地元である福島県の職員として、県の税金に関する業務に携わっています。納税課なので、県民の皆様と接する機会が豊富にあります。現在の所属になって2年目。入庁してから、県庁の保健福祉分野で2年、大学事務で3年勤務しておりました。県職員は数年毎に異動があり、幅広い分野の業務に携わることで多様な知識や経験を身につけることができます。

学科での学びが役立った事柄

公務員を目指していたため、行政法に関するゼミに所属しました。公務員は法律に基づいた業務を行うことが大半なので、ゼミで学んだ法律の読み方やさまざまな解釈、行政に関する判例等の知識を、今も常に意識しながら仕事に携わっております。