文学部

卒業生インタビュー

教えて!先輩「小学校教諭一種免許状取得プログラム」利用で小学校の先生になった先輩

経験して感じたことが教員の個性に

仙台市立泉ヶ丘小学校 教諭
池田美佳さん(平成24年度 文学部英文学科卒業)

私が小学校の教員になることを選んだのは、生活を通して社会性を身につけていく重要な時期に関わり、6年間という長いスパンで子どもたちの成長を見守ることができるから。実際、子どもたちの笑顔と毎日の成長を見るたびに、この仕事のやりがいを感じています。東北学院大学は総合大学ということもあり、いろいろな分野に興味を持っている人から刺激を受けられる場所。頑張っている周りの友人に感化され、私も学内外のボランティア活動に取り組み、人前で話すことや教えることなど、多くのことを学びました。学生時代にたくさんのことにチャレンジし、経験して感じたことは、自分の個性となって子どもたちの教育へ反映されていくものだと思います。大学ではぜひ自分から動いて、どんどん視野を広げてください。

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 入試課
E-mail:nyushi@mail.tohoku-gakuin.ac.jp