東北学院大学

Language

文学部 歴史学科

社会とつながる歴史研究

大学の歴史研究と市民学習への貢献

歴史学科では、外部資金による研究プロジェクトが数多く進められています。各教員は、こうした研究の成果を、概説やテーマ史の授業にリアルタイムに反映させていきます。一般的な知識や技術の修得に加え、最新の歴史研究にふれながら歴史の面白さを感じることができるのも、歴史学科のカリキュラムの特徴です。

公開講演会等(平成16年度以降)

平成26年度に進められているプロジェクト一覧

文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
「新時代における日中韓周縁域社会の宗教文化構造研究プロジェクト」(研究代表者:谷口満)平成24~28年度
科学研究費助成事業
基盤研究(A)
「戦後アジアにおける欧米諸国の開発援助戦略とアジアの自立化に関する総合的研究」(研究代表者:渡辺昭一)平成24~27年度
基盤研究(B)
  • 「『類聚三代格』の史料学的研究」(研究代表者:熊谷公男)平成26~30年度
  • 「デジタル化時代の学術情報利用」(研究代表者:佐藤義則)平成25~27年度
基盤研究(C)
  • 「近世武家女性のライフサイクルと奥奉公に関する基盤的研究」(研究代表者:菊池慶子)平成23年~26年度
  • 「16世紀後半の聖地巡礼記に見るイスラーム観・ムスリム観・十字軍観の変遷」(研究代表者:櫻井康人)平成26年度~平成29年度
  • 「東北地方における民俗の展開と東日本大震災」(研究代表者:政岡伸洋)平成24~平成26年度
若手研究(B)
  • 「異文化問題としての『大東亜共栄圏』の研究」(研究代表者:河西晃祐)平成24~26年度
  • 「清代東トルキスタンにおけるトルファン郡王家の位相と役割」(研究代表者:小沼孝博)平成25~27年度
過去のプロジェクト一覧