東北学院大学

Language

文学部 歴史学科

教員紹介

教員プロフィール

櫻井 康人 教授(ヨーロッパ中世史)

研究テーマ

特に「聖地巡礼記」の分析から中近世ヨーロッパ世界の十字軍観・イスラーム観の変遷を探る。

研究トピック
ヨーロッパ対イスラーム?聖地巡礼記から見えるもの
アウクスブルクの騎士マルティン・ケッツェルの聖地巡礼記(1476年)

アウクスブルクの騎士マルティン・ケッツェルの聖地巡礼記(1476年)

一般に、「十字軍運動=ヨーロッパ対イスラーム」という図式が前提とされがちです。しかし、エルサレム周辺域が完全にイスラーム勢力下に収まって以降も、ヨーロッパ人たちは聖地巡礼を行い、その内の幾人かは聖地巡礼記という形で「他者」の世界における経験を綴っています。その分析を行ってみると、Pax Islamicaの下で安全な聖地巡礼を行えた者たちは、ムスリムに対して好意的な見方をしていることが解ります。このように、皆さんもまずは前提を疑ってみることから始めてみませんか?

櫻井ゼミの卒論例
  • 「都市ケルンにおける自治化の過程―政治支配層の変遷を中心に―」
  • 「中世アイルランドにおける周辺関係とアイデンティティの変遷」
最近の著作
空間と移動の社会史
  • マルティン・フォン・パイリスの「十字軍」―「十字軍」参加者の「十字軍」観―」『空間と移動の社会史』ミネルヴァ書房 2009年
  • 「12世紀エルサレム王国における農村世界の変容 ―「ナブルス逃亡事件」の背景―」『ヨーロッパ文化史研究』11  2010年
  • 「1481年~1500年の聖地巡礼記に見るイスラーム観・ムスリム観・十字軍観 ―後 期十字軍再考(5)―」『ヨーロッパ文化史研究』13 2012年