東北学院大学

Language

教養学部 情報科学科

卒業生インタビュー

児童の成長は自分の成長

仙台市立柳生小学校 勤務
小野 公平さん

2018年3月 教養学部 情報科学科卒業

教員に必要な理論と実践はもちろん、総合大学ならではの幅広い学びを得られ、着実に社会を見る視野を広げることができました

学科でのさまざまな経験が教員としての礎に

入学当時から教員を志望して授業に臨んでいました。情報科学科では教員に必要な理論と実践はもちろん、総合大学ならではの幅広い学びが得られ、着実に社会を見る視野を広げることができました。当時学んだ知識は、今も授業の材料として活用しています。また、通常の授業を受けながら小学校教諭一種免許状プログラムの課題を必死でこなしていたこと、教育実習やボランティア活動を通して多くの子どもたちと関わりを持ちコミュニケーション能力を高められたことが、教員としての現在に活かされていると感じます。


6学年31人学級の担任をしております。授業や児童の指導の他、福祉委員会で募金活動などを行っています。運動会や学芸会といったあらゆる学校行事や、さまざまな活動を通して児童と一緒に過ごすなかで、その成長をダイレクトに感じられることに大きなやりがいを覚える毎日です。そして児童たちの成長は、私自身の成長にもつながっています。

学科での学びが役立った事柄

小学校教諭一種免許状プログラムをはじめ、キリスト教や自然科学、IT、数学など多様な領域に渡る知識を得られたことで、教壇に立つ心構えのようなものが醸成されていったような気がします。支援してくださった先生方にも心から感謝しています。