東北学院大学

Language

教養学部 情報科学科

卒業生インタビュー

リーダーとして推進

東北インフォメーション・システムズ株式会社
システム開発1部 設備開発課 勤務
大倉 一矢さん

2014年3月 教養学部 情報科学科卒業

ゼミの仲間とのコミュニケーションを通じて、チームの一員として役割を果たすことの重要さも学べました

大学時代はチャンスの宝庫、存分に活かしてほしい

在学中は、学業をはじめ弓道部で主将を務めるなど多くのことに挑戦しました。時に困難な状況に直面することもありましたが、あきらめずにやり遂げたことで視野を広げながら成長することができました。卒業論文の執筆では、自分のテーマに1年間をかけて向き合うことで“自ら考え、自ら行動を起こす”意識が身につき、またゼミの仲間とのコミュニケーションを通じて、チームの一員として役割を果たすことの重要さも学べました。多くの分野について学習でき、プライベートの時間も確保されている大学時代はチャンスの宝庫。存分に活かしてほしいと願っています。


お客さまの要件に合わせたシステム設計や開発を行い、納品後のトラブル対応や機能改良等も担っています。また、プロジェクトリーダーとして、メンバーの作業内容の管理にも携わっています。プロジェクト内で課題を解決することが難しい場合は、お客様と直接お話する機会を設けていただき、課題を解決したうえで、作業が計画通りに進むよう取り組んでいます。

大学時代の経験が役立った事柄

弓道部で主将を務めた経験は、リーダーシップや推進力を養う上で大変役立ちました。所属しているプロジェクト内でも、どうすればもっとよくできるか考え、発信できているのは、大学時代の経験が活きていると感じています。