電子工学専攻 博士後期課程の大学院生が学会にて表彰されました

平成28年9月5日(月)〜8日(木)に金沢大学角間キャンパスにて開催された「第40回日本磁気学会学術講演会」において本学工学研究科電子工学専攻 博士後期課程の幕田裕和君(スピンエレクトロニクス研究室)が、「L10-MnGa円形ドットにおける磁気特性のサイズ依存性」と題した筆頭口頭発表を行い、学術論を投稿した結果、日本磁気学会論文奨励賞を受賞しました。幕田君は、本論文において新規スピントロニクスデバイス材料として有望な磁性薄膜の作製とその磁気特性について報告しました。この研究成果は、超低消費電力型のスピンデバイスの実現に道を拓くものです。