世界防災閣僚会議in東北 開催 東北学院大学災害ボランティアステーション

2012年07月06日

 7月3日、4日の2日間、外務省主催による『世界防災閣僚会議 in 東北』が仙台国際センターで開催されました。この会議は、国内外の防災にかかわる企業・NGO・NPO団体が参加。各国の要人が参集する会議の中、東北学院大学災害ボランティアステーションも、講演企画、ブース企画、展示企画の三つのカテゴリーで出展しました。
 3階小会議室6では、ボランティアステーションの活動を紹介する講演「被災地域内の組織連携」と、「情報ボランティア@仙台」の学生スタッフによる活動が紹介されました。サイドイベントとしての展示ブースでは、教養学部地域構想学科・宮城豊彦教授による「震災復興研究チーム」の概要説明、「情報ボランティア@仙台」の資料や「情報レンジャー@宮城」の資料(それぞれ日英標記)配布などが行われ、東北学院大学としての防災・震災への取り組みを国内外に広くアピールしました。
 宮城先生の「震災復興研究チーム」の資料は、今年1月、2日間にわたって開催された国際・地域シンポジウムの内容を報告書としてまとまったものが初めて公開されました。

borasutehoukoku.jpg
ボラステ活動報告講演会
  sideevent.jpg
サイドイベント 復興大学紹介
     
miyagikyouju.jpg
サイドイベント 宮城教授「震災復興研究チーム」のブース
  houkokusyo.jpg
1月開催のシンポジウムの報告書が配布された