東北学院大学

Language

新着情報

東北学院大学と宮城県教育委員会が、包括連携協力協定を締結

2013年10月17日

 東北学院大学と宮城県教育委員会は10月15日、学校教育・学術の振興及び地域社会の発展と人材の育成に寄与することを目的に包括連携協定を締結し、同時に防災教育に関する連携実施に係る確認書を取り交わしました。この協定では、大学・学校における教育研究・調査研究、学生・児童・生徒の学習支援、教員の養成及び研修などに関する事項で連携協力することになっています。当面は、防災教育に関する学習や研究への支援・推進などで協力を深めるとともに、人材育成を図ることとし、また2016年度に防災系学科を新設する多賀城高校の生徒と本学の学生が連携し、調査研究などに当たることも検討することになっています。
 締結式にあたり、あいさつに立った宮城県教育委員会の高橋仁教育長は「多賀城高校の防災教育を県内外に発信するのは県教育の使命です。今後の防災教育のあり方について、多賀城高校をパイロット校として位置づけ、今回の連携協定を契機とし、東北学院大学からも支援を受けて進めていきたいと思います」と語りました。続いて松本宣郎学長は、「震災後、多賀城市との間で互いに助けあうという連携がさらに深まりました。東北学院大学は地域にある大学として、地域とともにあることを念頭において学び、大学を挙げて地域貢献を目指しています。これからも喜んで大学のノウハウを提供してまいります。この提携が宮城県の教育行政とさらに密に連携していくためのいい機会となることを祈っています」と述べました。
 今後は2016年度に向けて、多賀城高校と大学の教員が協力して新学科で使用する教材を開発する予定です。また、学生や生徒がともに被災地の支援に向かったり、住民のニーズを吸い上げたりと、具体的なボランティア活動に着くことも視野に入れています。

131017-1_01.jpg 131017-1_02.jpg 131017-1_03.jpg
131017-1_04.jpg 131017-1_05.jpg 131017-1_06.jpg

>> 「宮城県教育委員会との連携」についてはこちら

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学長室事務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6424 FAX.022-264-6364
E-mail:ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp