東北学院大学

Language

新着情報

平成25年度 石田實記念財団研究奨励賞 本学から2名の受賞者

2013年11月11日

131111-3_01.jpg

 一般財団法人石田實記念財団が優れた若手研究者を奨励する「研究奨励賞」に、本学からは工学部電子工学科の川又憲教授と、教養学部情報科学科の武田敦志准教授が受賞し、去る11月8日、東北大学工学部青葉記念会館で賞の贈呈式と研究発表会が開催されました。
 石田實記念財団研究奨励賞は、財団が行う研究支援事業で、環境、システムおよび工学一般分野において、情報通信に関連する研究・開発を行う学術研究機関の研究者・教育者の研究成果(現在、研究中のテーマ含む)に対する業績を称え、今後の情報通信産業の進歩発展への貢献を期待して贈られる賞です。
 川又憲教授は、『情報通信機器に深刻な影響を与えるESD(静電気放電)インパルスノイズの発生メカニズムと過渡特性に関する研究』というテーマ、武田敦志准教授は『柔軟に制御可能な構造化オーバーレイネットワークに関する研究』というテーマでそれぞれ受賞。
 当日は、全12名の受賞者のうち10名が参加し、一人ひとりが研究奨励賞と副賞の贈呈を受け、次いで10名の研究者による研究発表が行われました。研究発表後に行われた懇親会ではお互いの研究内容について議論し、研究の今後の発展について話しあうなど、それぞれ分野は違えども和気あいあいとした様子の贈呈式と懇親会でした。

131111-3_02.jpg 131111-3_04.jpg
131111-3_03.jpg 131111-3_05.jpg

・一般財団法人石田實記念財団のホームページはこちら

・過去の受賞者はこちら