環境建設工学科3年山木兼君が(公社)日本建築家協会東北支部主催の第20回記念JIA東北建築学生賞で協力会特別賞を受賞

2016年11月01日

 161101-1_1.jpg

 公益社団法人日本建築家協会東北支部が主催する、第20回記念JIA東北建築学生賞で、工学部環境建設工学科3年の山木兼君が、協力会特別賞を受賞しました。
 この賞は、東北地方で建築を学ぶ学生を対象に、学内の課題として制作した建築作品を一堂に集め、優秀な作品を表彰するもので、今回で20回目を数える伝統のある賞です。
 山木君の作品は、環境建設工学科建築コースの「建築設計製図Ⅲ」内で課された、学校施設の設計を行ったものです。「帯の学校」と名づけられたこの作品では、自分の出身地である山形県の小学校を敷地として設定し、帯状に各学年の生活空間を構成してつなげていく独特の空間構成が高く評価され受賞にいたりました。
 東北六県の大学・高専・専門学校より提出された、学年も課題も異なる36の力作が並ぶ中で特別賞に輝いたことは大変喜ばしいことです。表彰式の中で山木君は「これを糧に今後の設計課題にも意欲的に取り組んでいきたい」と力強く今後の展望を語ってくれました。

161101-1_2.jpg
山木君の受賞作品