トランスコスモス財団奨学金給付事業 経営学部成績優秀給付者3名に今後の抱負をインタビュー!

2017年06月06日

170606-6_1.jpg
右から西村さん、清水さん、加藤さん


 今年度、本学経営学部が東北地区の大学で初めてトランスコスモス財団の奨学金給付事業および調査研究助成事業の指定校に選定されました。
 このたび奨学金給付事業の奨学生として選ばれた経営学部3年生の成績優秀者3名に奨学生選定にあたっての感想や今後の抱負を語ってもらいました。

・西村祐希さん
 今回、奨学生に選ばれたことは自分だけの力だけではなく、ゼミの佐久間義浩先生や村山貴俊先生の推薦、友人や家族、支えてくれた方々のおかげだと思っています。関係者の皆さんにとても感謝しています。奨学金は経営学の専門書購入に使わせていただき、多くの知識を身につけたいと思っています。大学卒業後は、公認会計士をめざし、地元仙台に貢献していきたいです。

・清水菜央さん
 これまで地道にコツコツ勉学に励んできたことが実を結び、奨学生として選定していただいたと感じています。大変貴重な機会をいただき、感謝いたします。奨学金は学費に使わせていただくことで、アルバイトの時間を減らし、空いた時間を有効に使って簿記2級取得に向けて勉強したいです。
 今夏には、インターンシップで総合商社や銀行等で様々な経験を得て、多くのことを学び、視野を広げたいと思います。

・加藤晴香さん
 大学生活2年間の努力が認められたことは素直にとても嬉しかったです。トランスコスモス財団のご厚意を無駄にすることなく、一層勉学に励みたいです。
 奨学金は学費として大切に使わせていただきます。アルバイトの時間を減らすことができるので、ゼミの活動やインターンシップで思う存分学び、多くのことを吸収したいです。将来はマーケティングや管理会計の仕事を目指したいと思っています。

 奨学生3人ともに、奨学生選定を大変喜んでおり、積極的な学びの姿勢や強い向上心がうかがえました。今回の選定を機にますます勉学に励むとともに、多くのことを経験し、夢に向かってステップアップしてほしいと思います。

【関連ブログ】
 奨学金給付・調査研究助成金に関するトランスコスモス財団との調印式・報告会が行われました