東北学院大学

Language

新着情報

地域とともに楽しむイベント「第5回わが街フェスティバル」開催報告

2017年10月06日

171006-2_01.jpg

 9月23日、土樋キャンパスの90周年記念館大ホールにおいて「わが街フェスティバル」が開催されました。
 同イベントは土樋キャンパス周辺地域の皆様とともに、音楽などを通じて街を盛り上げ、大学と地域のコミュニケーションを深めていくことを目的としてスタートし、今年で5回目を迎えました。
 午後1時に幕を開けた第1部では、本学のアカペラサークル「reMix」からMIDNIGHT MANTA、CLiCK CRaCK、こびとファクトリー、Pin Pon PumPkin’の4グループが登場。聞き覚えのあるメロディーをアレンジした見事なハーモニーで紡ぎ、アカペラらしい独特な世界観をつくり出しました。
 続く第2部では、初出演を飾った「バレエスタジオTipTap」がステージに上がり、4歳の子どもから成人で構成したバレリーナたちが、わが街フェスティバルのために創作したコンチェルティーノを華やかに披露しました。
 しばしの休憩時間後、第3部の冒頭に登壇した松本宣郎学長は、「普段より親しくさせていただいている地域の皆様へ恩返しができる良い企画はないものかと始まったのが、わが街フェスティバルです。毎年工夫を凝らしていますが、今年はバレエ教室の皆さんにもご参加いただきました。また、来月に開催する大学祭では地域の皆様にご参加いただける催しがあるようですので、ぜひキャンパスにお越しください」とあいさつしました。
 第3部の吹奏楽ステージでは、12月24日に卒業定期演奏会を開催する本学の吹奏楽サークル「シンフォニック・ウィンド・アンサンブル(通称SWE)」、全日本小学校管楽器合奏フェスティバル西日本大会に出場した「片平丁小学校ブラスバンド部」、全日本吹奏楽コンクール宮城県大会で金賞を受賞した「五橋中学校吹奏楽部」の順で登壇し、演奏力の高さを存分に披露しました。そして、フィナーレは3楽団すべてのメンバーがステージに集結。アンコールを含めた全5曲演奏後、オーディエンスからの大きな拍手に包まれながら幕を下ろしました。
 今年は約400名の来場者、そして200名の参加者、合わせて600名が秋の午後のひと時を楽しむことができました。ご来場いただきました地域住民の皆さま、園児・児童・生徒・学生の皆さん、指導と運営に当たられました関係者の皆さまに深く感謝申し上げます。

171006-2_02.jpg 171006-2_03.jpg 171006-2_04.jpg