東北学院大学

Language

新着情報

公認心理師 受験資格の特例(経過措置)の適用について(人間情報学研究科修了生の皆様)

2017年12月07日

 公認心理師 受験資格の特例(経過措置)の適用について

東北学院大学大学院 人間情報学研究科修了生の皆様

 本年9月15日に施行された「公認心理師法」により、2018年度から日本で初めての心理職の国家資格である「公認心理師」制度が始まります。
 公認心理師の国家試験の受験資格については、「公認心理師法附則第2条第1項第1号から第4号までに規定する公認心理師になるために必要な科目」として、法施行日前に4年制大学および大学院において省令で定める科目を履修あるいは履修中の者に適用される経過措置が定められています。
 このうち大学院については、受験資格の特例(法附則第2条第1項第1号及び第2号、すなわち経過措置のDコース)の省令で定める大学院における科目として、Ⅰ領域から3科目以上、Ⅱ領域から2科目以上、さらにⅢ領域、のすべてを満たす必要があります。
 本学人間情報学研究科では、上記の要件について慎重に検討した結果、2017年9月15日の法施行日以前に本研究科を修了した方々および施行日に在籍中の方々について、これらの条件を満たす読み替えは難しい、と判断いたしました。
 どうぞご理解を頂きますようお願い申し上げます。

 なお、公認心理師の資格取得関連のお問い合わせは、下記アドレスまでメールでお願いいたします。
 問い合わせ用アドレス:psychology@ml.tohoku-gakuin.ac.jp(心理学研究室)

東北学院大学大学院 人間情報学研究科