東北学院大学

Language

新着情報

【短期集中連載】「オリエンテーションリーダー」(第11回)

2018年03月12日

 オリエンテーションリーダー活動の前半で最大のイベント、リーダーズキャンプが開催されましたのでご報告いたします。

 新入生オリエンテーション期間中にはオリエンテーションキャンプと呼ばれる一泊二日の行事があります。これは、仙台市近郊の宿泊施設(秋保・作並・松島)に行き、新入生同士のコミュニケーションを図ることを最大の目的として、寝食を共にしながら各種のプログラムを行うというものです。このオリエンテーションキャンプを円滑に行うために、リーダーが事前に現地調査を行うのが今回のリーダーズキャンプになります。

 午前9時30分に泉キャンパスに集合した文系リーダーは、通常通り朝礼・礼拝を行い、この日のために準備した資料等を抱え、それぞれの宿泊施設が用意したバスに乗り込み、10時30分に泉キャンパスを出発しました。

180312-2_1.jpg 180312-2_2.jpg

 

 リーダーにとってはバスでの移動中も決して休憩時間ではありません。キャンプ本番でのバス移動時間は、新入生同士の円滑なコミュニケーションを図るための一環として、バス内でのレクリエーションを行いますので、そのシミュレーションに余念がありません。先輩リーダーは、バスがどこを通ると残り何分で宿舎に着くか、などもメモを取っており、このあたりはさすが経験者という感じでした。

 宿舎についてすぐに昼食、午後には開校式です。開校式ではリーダー・宿泊施設・旅行業者・学生課から紹介を兼ねた挨拶が行われます。

180312-2_4.jpg 180312-2_5.jpg

 

 その後、宿泊施設スタッフの協力で、リーダーが事前に準備した施設調査書を元に、施設に関する様々な質問に答えていただく時間となりました。その質問内容は多岐に渡り、チェックイン・チェックアウトについて、鍵の管理・返却方法、部屋に備え付けのアメニティについて、グループ集会場の機器備品の有無や使用方法について、食事会場のレイアウト、お風呂場の使用について、アルコールやたばこの自動販売機の有無や停止措置、自然災害や火災時の対応、等々、数え上げれば切りがないほどです。

180312-2_7.jpg 180312-2_6.jpg

 

 これらの質問事項はリーダー本人が考えたことはもちろん、過去の先輩リーダーから受け継がれてきたものも多く、長い期間をかけてブラッシュアップされてきた部分でもあります。新たに使用する宿泊施設ですと、ホテル側も想定していないような質問もたくさんあり、その内容はさらに細かく念入りに確認が必要になります。

(次回に続く)