東北学院大学

Language

新着情報

東北学院大学「就職懇談会」開催

2019年02月21日

190220-2_1.jpg 190220-2_2.jpg


 2月19日、第21回を迎えた「東北学院大学就職懇談会」が、仙台市青葉区の勝山館を会場に開催されました。今年は昨年を上回る264企業から420名を超える参加者、本学からは学長、副学長を始めとした役職者、就職キャリア支援部の教職員が総出で企業の皆さまを出迎え、勝山館の彩雲の間は500名近くの参加者で埋め尽くされました。
 この就職懇談会は、四年生の就職活動が終盤を迎え、三年生の就職活動開始直前のこの時期に、本学の就職キャリア支援部が学生の就職やインターンシップでお世話になっている企業の皆さまに、大学の近況報告と採用への感謝を伝え、企業の採用状況や学生に求めるものなど情報交換することにより、学生の円滑な就職活動を支援することを目的として開催されているものです。
 松本宣郎学長、ロング・クリストファー就職キャリア支援部長からは、いずれも本学卒業生への評価に感謝と、毎年多くの学生を採用頂いている企業の皆さまへの御礼が述べられました。今は売り手市場といわれていますがいずれこの反動が来るときもあるでしょう。良い時も悪い時も共に学生の将来や、人材を求める企業とのより良いマッチングのために教職員が努めており、今後も企業の皆さまのご支援ご協力を賜りたいと語りました。
 懇談の中では、理工系学生のみ採用と思われがちの製造業でも、文系のセンスで営業や企画といった人事採用が増えている、逆に業務提案のできるエンジニアやSEを求めたいといった話が聞かれました。
 90分という短い時間ではありましたが、学生たちの就職活動を支援する大学と、企業の皆さまからは本学学生への期待が語られたひと時でした。
 多くの学生を採用頂いている企業の皆さまに感謝申し上げるとともに、今後も東北学院大学の学生、就職支援する教職員も含めましてよろしくお願いいたします。

190220-2_3.jpg 190220-2_4.jpg 190220-2_5.jpg
190220-2_6.jpg 190220-2_7.jpg