東北学院大学

Language

新着情報

本学主催の「仙台市役所本庁舎建替えに関する市民公開講座」開催報告

2019年06月28日

190627-1_1.jpg
 6月27日(木)、本学ホーイ記念館ホールで「仙台市役所本庁舎建替えに関する市民公開講座」が開催されました。
 仙台市では、老朽化や庁舎の分散など様々な課題を解消するため、また、災害対応能力などの機能強化を図るため、仙台市役所本庁舎建替えに関して基本計画の策定が進行中です。本公開講座は、震災復興を経験した新しい都市の姿・社会の姿を体現した仙台市役所本庁舎とはどのようなものなのか、まちづくりや市民協働といった観点から意見交換を行う場を設けるために開催されました。
 冒頭、大西晴樹学長の開会あいさつから始まり、本公開講座がスタート。次に柳井雅也本学教養学部地域構想学科教授・河村和徳東北大学大学院情報科学研究科准教授が「市役所建替えがまちに与えるインパクト」「建替えプロセスにおける合意形成」と題してそれぞれ基調講演を行いました。その後、菅原大助仙台市財政局本庁舎建替準備室室長が仙台市役所本庁舎建替えの経緯について、スライドを用いて参加者に説明しました。講座の後半は、コーディネーター・パネリスト合わせて計7名による「仙台にふさわしい市役所を考える」と題してパネルディスカッションを実施。150名を超える来場者は真剣なまなざしで聞き入っていました。
 最後に阿部重樹本学学長室長・地域共生推進機構長の閉会のあいさつで閉幕しました。

 パネルディスカッション:「仙台にふさわしい市役所を考える」
 コーディネーター:河村 和徳氏(東北大学大学院情報科学研究科准教授)
 パネリスト:渡辺  博氏(仙台市議会議員)
       菅原 大助氏(仙台市財政局本庁舎建替準備室室長)
       姥浦 道生氏(東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻准教授)
       恒松 良純氏(本学工学部環境建設工学科准教授)
       柳井 雅也氏(本学教養学部地域構想学科教授)
       手島 浩之氏(日本建築家協会東北支部/都市建築設計集団主宰)

190627-1_2.jpg 190627-1_3.jpg 190627-1_4.jpg
190627-1_5.jpg 190627-1_6.jpg 190627-1_7.jpg
190627-1_8.jpg 190627-1_9.jpg 190627-1_10.jpg