【キリスト教文化研究所 第58回学術講演会】宗教改革再考(7/29開催) 

2017年05月24日

「私立大学研究ブランディング事業」
宗教改革再考
─キリスト教人間学の視点から─

キリスト教文化研究所 第58回学術講演会

申込不要   無 料   土 樋

oc2017sp-10_2.jpg
クリックしてPDF表示(304KB)


日時:平成29年7月29日(土)13:30~15:30
会場:土樋キャンパス ホーイ記念館ホール
共催:私立大学研究ブランディング事業

 
 宗教改革は今から500年前にルターの「九五箇条の提題」によって起こったが、同時にエラスムスの『校訂新約聖書』やカルヴァンの『キリスト教要綱』も重要な役割を演じてきた。同時代に生きた三人の改革者たちは共通の問題意識をもち、共通の人間観にもとづいてその思想と行動を創造し、絶大な影響をわたしたちに残した。こういう思想の生きた力はどこから起こってくるのか。わたしはそれを従来の神学的視点よりも、キリスト教人間学の視点から再考してみたい。

LECTURER                                     講師



聖学院大学名誉教授  金子 晴勇氏(かねこ はるお)

【講師略歴】
1932年静岡県出身。京都大学卒。1962年同大学院博士課程修了。立教大学助教授、岡山大学教授、75年「ルターの人間学」で京大文学博士、76年同書で日本学士院賞受賞。岡山大学名誉教授、聖学院大学総合研究所名誉教授。

著書
『ルターの人間学』 創文社  1975年
『宗教改革の精神  ルターとエラスムスとの対決』 1977年(中公新書)のち講談社学術文庫
『アウグスティヌスの人間学』 創文社  1982年
『近代自由思想の源流  16世紀自由意志学説の研究』 創文社  1987年
『エラスムスとルター  一六世紀宗教改革の二つの道』 聖学院大学出版会  2002年
など多数
 


対 象   どなたでも受講できます。
申込方法   直接会場にお越しください
受講料   無料
主催   東北学院大学 キリスト教文化研究所  
共催   私立大学研究ブランディング事業
問合せ先    東北学院大学 研究機関事務課
〒980-8511 仙台市青葉区土樋1丁目3-1
TEL 022-264-6401  FAX 022-264-6530