東北学院大学地域共生推進機構

コミュニティソーシャルワーカー(CSW)スキルアッププログラム(BP)

NEWS & TOPICS

過去のお知らせ

プログラムの概要

地域資源を有効に活用した地域の福祉力を活性化するためには、関係者・関係時間等との連携を図るコミュニティソーシャルワーカーなどの実践力向上が必要です。

本課程は、まちづくりのキーパーソンとなっているコミュニティソーシャルワーカーの実践力を、宮城県社会福祉協議会及び仙台市社会福祉協議会と連携し、現場の課題に直結する新しい授業内容をもってスキルアップさせるものです。

コミュニティソーシャルワーカーのスキルアップを通して、地域福祉活動計画の策定や組織化ができる人材の育成を目指すプログラム

履修期間 1年間
講義時間 原則として隔週土曜日 90分×4時限 計141時間開講
募集人員 20名
講師 東北学院大学教員および担当分野の実務家・専門家

カリキュラム体系

「コミュニティソーシャルワーカー(CSW)スキルアッププログラム」が「職業実践力育成プログラム」(BP)に認定されました。

東北学院大学で平成28年度から行われる「コミュニティソーシャルワーカー(CSW)スキルアッププログラム」が、文部科学省の「職業実践力育成プログラム」(BP)に認定されました。

東北学院大学では、平成28年4月より、コミュニティソーシャルワーカー(CSW)スキルアッププログラムを開講します。

本プログラムは、現場の課題に直結する本格的な新しい授業内容を通じて、人口減少・超高齢社会の地域福祉活動計画の策定や組織化のできる人材の育成を意図しており、「職業実践力育成プログラム」(BP)として行われます。

この制度は、大学、大学院、短期大学、高等専門学校におけるプログラムの受講意を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣が認定するものです。

参考資料