こんなすごい授業もある!FD講演会

DSC_0594

授業改善の不断の努力は大学にとって欠かせません。そのためのFD研修会を何度も開きます。
11月2日(木)高崎経済大学の矢野修一教授を講師に招いての、高度な授業実践の話を伺いました。アクティブラーニングの展開であり、学生たちの自主的参加の例として圧倒的に感心させられました。用いる機器や手法は本学教員も多くマスターしているものでしょうが、矢野教授はかなり早い時期から、試行錯誤も行いながら積み重ねて、実績を挙げておられるところが見事です。実績、とは参加学生のモチベーションを高める教授の熱意に学生が応える、というプロセス、だと私は見ました。確かに教授の授業につきあわされた学生たちは忙しくもあり、多様なノウハウ獲得、社会人と直接ふれあう努力も必要で、卒業の時には大変な達成感でしょう。

まねすることはなかなか出来ないでしょうが、私たちなりに学生との距離を出来るだけ縮める熱心さをもてば、自分なりに学生たちに達成感を与える授業を提供する事になるでしょう。
次のFDは近年スタートした「マナバ」システムの、本学教員による実践例です。