耳に痛い講演会

やや旧聞に属しますが、11月8日(水)私大研究福祉会のシンポジウムというものが市ヶ谷のアルカディアで開かれ、参加してきました。私立大学の改革を進め、経営安定を目指せ、という主旨と感じました。私たち私立大学にとって大変力強く、しかし恐ろしくもある私学共済事業団理事長の河田悌一さんが基調講演。国立大学についても熟知しておられる河田氏はいつも私学には厳しいのですが、この日も豊富なデータを用いて、大学改革でも外部資金調達、その広報手段でも、国立大学の努力と成果はめざましい、私大はまだまだ努力が足りないと、叱咤激励されました。本学は精一杯努力しているつもりではおり、文科省と事業団、つまりは政府からの補助金の漸減に抗議をしているのですが、他方で外部資金獲得努力はどうか、というと寄付金の少なさが象徴するように、はなはだ不十分と言わざるを得ません。いささかシュン、となってしまいました。

シンポジウムではそのほか広島工業大学などのPDCAサイクルを働かせての改革の努力、関西大学の教育内容の改革実践など、興味深い内容でした。

DSC_0596