総合学術誌『震災学』

『震災学』創刊号

総合学術誌『震災学』創刊号表紙

  • 発行:東北学院大学
  • 発売:荒蝦夷
  • 2012年7月20日(金)発売
  • 本体1,800円(税別) A5判 320頁
  • ISBN978-4-904863-23-7 C0036 ¥1800E
  • 一般書店、大学生協、オンライン書店等にて販売

目次

創刊に寄せて/『震災学』編集委員会

第一章 震災が問うた基礎的な諸問題

  • シンポジウム「復活と創造 東北の地域力」基調講演
    人間復興を求めて 新生東北が日本を変える/内橋克人(経済学者)
  • 災厄と経験/佐々木俊三(東北学院大学教養学部教授)
  • 東日本大震災被災地・者に、市民はどのような支援活動を行ったのか
    市民社会の奥深い存在を見出すために/岡本仁宏(関西学院大学法学部教授)

第二章 被災地の現実

  • 「棄民」と「帰民」を分けた創造的復興
  • 日本の災害復興を考える/山中茂樹(関西学院大学災害復興制度研究所主任研究員)
  • 「現実を見ること」と「現実に見られていること」/郭基煥(東北学院大学経済学部准教授)
  • 震災ブログから振り返る原発事故被災地の一年/寺島英弥(河北新報社編集局編集委員)
  • 被災地の現実 宗教の立場から/川上直哉(仙台キリスト教連合被災支ネットワーク(東北ヘルプ)事務局長)

エッセイ

  • 大震災があらわにしたもの/熊谷達也(作家)

第三章 災害とボランティア

  • シンポジウム「東日本大震災と学生ボランティアの役割―大学間連携による取り組みとその課題―」基調講演
    ボランティアと市民社会 阪神・淡路大震災と東日本大震災からの問題提起/似田貝香門(東京大学名誉教授)
  • 原発被災地における〈逗留者〉の「活動の論理」―原発四五㎞圏=相馬市におけるボランティアとネットワーク―/齊藤康則(東北学院大学経済学部講師)
  • 大学による災害ボランティア活動への取り組みに関する一管見 東北学院大学災害ボランティアステーションの体験から/阿部重樹(東北学院大学経済学部教授)

第四章 唐桑の漁業と災害

  • 座談会「復活と創造 東北の地域力」三陸の資源と産業
    非常識への挑戦から新たな連携へ/畠山重篤(NPO法人森は海の恋人代表)×村上教行(イオンモール会長)×星宮望(東北学院大学学長)
  • 津波と海の民俗 宮城県気仙沼市唐桑町の伝承文化から/川島 秀一(神奈川大学特任教授)
  • なぜ集団移転地は海が見えるところでなければならないのか 気仙沼市唐桑町舞根の海にみる領域意識/植田今日子(東北学院大学教養学部講師)
  • 遠くから私が気仙沼にこだわるいくつかの理由
    「ドキュメント」のひとつとして/梅屋潔(神戸大学国際文化学研究科准教授)

第五章 災害とジャーナリズム

  • 情報ボランティアと東日本大震災
    ハイパーローカルメディアとしての実験/八浪英明(河北新報社編集局デジタル編集部長)
  • ソーシャルメディア時代における地方紙の役割と地方発信の意味/藤代裕之(ジャーナリスト)

記録

  • 東日本大震災十日間のドキュメント
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学長室事務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6424 FAX.022-264-6364
E-mail:ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp