Home > お知らせ | 教育コラム > 2016/6/3 東北学院大学地域共生推進機構主催連続講座「震災と文学」開催のご案内 平成28年度前期第1回若松英輔氏「言葉とコトバ―書くことの秘義」

2016/6/3 東北学院大学地域共生推進機構主催連続講座「震災と文学」開催のご案内 平成28年度前期第1回若松英輔氏「言葉とコトバ―書くことの秘義」

 H28震災と文学チラシver.1

2016震災と文学 若松_柳受講者用

震災と文学

平成28年度 地域共生推進機構 連続講座

申込必要   定員200名   無料   土樋

日時:平成28年6月3日(金)・7月22日(金) 18:00~19:30 前期全5回 ※後期も開催予定です。
※第3回以降は、詳細が決まり次第本学ホームページでお知らせいたします。

会場:土樋キャンパス8号館4階841教室

 東日本大震災から5 年。震災あるいは災厄を文学という視点から捉えて展開するこの連続公開講座は、平成25年度のスタート以来、作家・詩人をはじめ、思想・哲学・宗教・歴史など、さまざまな分野の第一線で活躍する東北ゆかりの講師をお招きしています。その都度、大きな反響を呼び、平成27 年度までの講師は延べ25人、回を重ねるごとにリピーターが増加するこの講座、好評につき平成28年度も開催することとなりました。ぜひご参加ください。

 SCHEDULE 講座スケジュール
前期    
第1回 6/3(金) 18:00~19:30
言葉とコトバ―書くことの秘義
若松英輔(わかまつ・えいすけ) 氏 評論家 
【講師略歴】
1968年、新潟県生まれ、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007 年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第 14 回三田文学新人賞評論部門当選。主な著書に『魂にふれる 大震災と、生きている死者』(トランスビュー)、『内村鑑三をよむ』(岩波書店)、『涙のしずくに洗われて咲きいづるもの』(河出書房新社)、『君の悲しみが美しいから僕は手紙を書いた』(河出書房新社)、『生きる哲学』(文藝春秋)、『霊性の哲学』(角川学芸出版)、『イエス伝』(中央公論新社)。
第2回 7/22(金) 18:00~19:30
*テーマ未定
柳美里(ゆう・みり) 氏 小説家・劇作家
【講師略歴】
1968年、茨城県生まれ。1993年、『魚の祭』で第37回岸田國士戯曲賞を受賞。1996年、『フルハウス』で第24回泉鏡花文学賞、第18回野間文芸新人賞を受賞。1997年、『家族シネマ』で第116回芥川賞を受賞。ほかに『JR上野駅公園口』『貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記』など。震災後、祖父ゆかりの地である福島県南相馬市のFMラジオでレギュラー番組を担当。2015年4月より南相馬市在住。

【申込方法等】
募集人数   各回とも200 名程度
対象   どなたでも受講できます。
申込方法   氏名、年齢、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)、受講希望日
を明記の上、ハガキ、FAX、又はEメールで事務局に事前申込。
申込先   〒980‑8511 仙台市青葉区土樋1 丁目3‑1
東北学院大学 地域共生推進課
TEL 022‑264‑6562 FAX 022‑264‑6522
E‑mail:kikou@staff.tohoku‑gakuin.ac.jp
受講料   無料
主催   東北学院大学 地域共生推進機構
企画コーディネート   有限会社荒蝦夷
問合せ先   申し込み先に同じ
その他   お申し込みに対しまして、お返事はいたしておりません。上記いずれか
の方法でお申込みの上、当日会場へお越しください。

 

Home > お知らせ | 教育コラム > 2016/6/3 東北学院大学地域共生推進機構主催連続講座「震災と文学」開催のご案内 平成28年度前期第1回若松英輔氏「言葉とコトバ―書くことの秘義」

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ