Home > 活動報告 > 2016/10/29~10/30 岩手県岩泉町 台風10号による大雨災害に伴う災害ボランティア活動報告

2016/10/29~10/30 岩手県岩泉町 台風10号による大雨災害に伴う災害ボランティア活動報告

東北学院大学災害ボランティアステーション学生スタッフより報告させていただきます。

2016102930岩泉町第4クール
【岩手県岩泉町台風10号にともなう豪雨災害ボランティア活動報告】

活動期間:
平成28年10月29日(土)~10月30日(日)

活動場所:
岩手県岩泉町被害にあった民家とその周辺地域位
(岩泉町社会福祉協議会を通しての活動)

活動内容:被災地域周辺の道路、家屋周辺、公民館の清掃活動

活動者
東北学院大学学生5名
東北学院大学教職員2名

活動を行った上での良かった点:
・ケガ、急病なく活動を終えられたこと
・休憩をこまめにとり、安全かつメリハリをもって活動することができた
・住民さん、学生同士でコミュニケーションをしっかりとって、効率よくできた
・限られた時間での活動だったが、有意義な活動を行うことができた

活動を行った上での反省点:
・初日にニーズに対してすぐに対応できる体制を作れていなかったこと
・防寒対策が不十分だったこと

活動に参加した学生のコメント:
・現地を訪れてみて復旧にはまだまだ時間がかかるということを改めて感じた。今回の活動は時間が限られていたため、できることは少なかったが有意義な活動ができたと思う。また、私たちのような学生だけでなく様々な県から足を運ぶ大人の方々、シャトルバスを使って団体で参加するボランティアさんが多く、たくさんの人が携わって活動が進められているのだということに気づいた。これから冬近づき、活動の幅が狭くなっていくが、情報発信などの私たちにできることをして少しでも支援をしていきたいと思った。また学生間でも現地の状況を把握できていない人がいると思うので共有をしっかりしていきたい。もし、次の活動があるのであればまた参加し、力になりたいと思う。

・ふだん、ボラステではできない県外での貴重な活動を通してメディアではもう報道されない(県外テレビ。宮城では久しく見ていない)忘れられた被災地で活動することができた。ボランティアはあくまで影役者。盛岡大学の学生が「活動してやってるんだから少しぐらい楽してもいい。」と言っているのを聞いて、ボランティアの支援する、役に立つことをして《サポート》するという本質を見失わないようにしようと強く決意した。ただ活動できているのではなくて、現地の社協さんの丁寧なコーディネートのもと、活動させてもらっていることに感謝の気持ちでいっぱいだ。 これからどうなるのかは分からないが、継続するなら可能な限り参加したいと思っている。

・今回は二回目の岩泉での活動であったが、また違った地域での活動で、まだまだニーズは多くあるのだなと思った二日間であった。前回の活動同様限られた時間での活動ではあったが、前回、前々回の活動を見直して効率よく作業を行うことができた。ただ、今回も私たちが対応できたご家庭は一件のみであり、完全な復旧にはまだまだ時間がかかってしまうのだと思った(人手不足)。また、宮本地区のボランティアのリーダーさんが、「現地の方々も我々にどこまで頼めばいいのか、どこから手をつければいいのか分からない方が多い。ここに私たちボランティアと現地の方々との距離を感じる。それが原因でまだまだ拾えていないニーズがある。その距離を縮めるためにも私が一件一件に足を運び、話を聞き、ボランティアの方々に共有したい。」とおっしゃっていた。私たちも住民の方々に直接ニーズ調査を行うのは厳しいかもしれないが、リーダーさんを通じてこれから雪が降る前に何度か活動できるならば参加したい。(立花)

・台風被害から約2ヶ月経ったが、河川敷や野球場などの被害がほとんど手付かずのままで想像以上に荒れていると感じた。週末ということもあり、ボランティアに来ていた団体も多かった。ある他団体の参加者の方から、震災の年以降、神奈川から月1ペースで福島や宮城のボランティア活動に参加していると聞き、活動意欲があれば距離など関係なく継続して続ける事ができるのだと感じた。1日目の道路掃除はやり方がわからず戸惑いが多かったが、2日目の集会所の畳出しや、一軒家の外に盛られた土をならす作業などは、住民さんや先輩と相談しながら行う事ができ、達成感を得られた。これからは活動の中で学んだことや感じたことは文字にするだけでなく、言葉でもアウトプットしていきたいと思った。

Home > 活動報告 > 2016/10/29~10/30 岩手県岩泉町 台風10号による大雨災害に伴う災害ボランティア活動報告

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ