Home > お知らせ > 2017/2/5 河北新報社と東北学院大学の連携事業・鼎談企画シンポジウム「震災と霊性―亡き人の声を感じ、生きるという力」開催のご案内

2017/2/5 河北新報社と東北学院大学の連携事業・鼎談企画シンポジウム「震災と霊性―亡き人の声を感じ、生きるという力」開催のご案内

昨年2月24日、押川記念ホールで開催された、東日本大震災緊急シンポジウム『霊性を読み解く―タクシーの幽霊現象の反響と課題』は、多くのメディアの注目と聴衆が集まり、本学の取組みについて真摯な姿勢で報道いただきました。

170110-1-1.jpg

2016年2月24日
霊性を読み解く―タクシーの幽霊現象の反響と課題_1

170110-1-2.jpg 170110-1-3.jpg
2016年2月24日
霊性を読み解く―タクシーの幽霊現象の反響と課題_2
2016年11月12日
学都コンソーシアム公開講座での金菱先生

この度、その第2弾となるシンポジウムが来る2月5日(日)、下記の内容で開催されることになりました。今回の内容は、昨年のシンポジウムと関連付け、「人間社会で死者と生者、死者と死者をどのようにつないでいくのか」について、議論を深めます。
現在詳細プログロムを詰めているところですが、開催まで1ヵ月を切りましたので取り急ぎ《予告》としてお知らせいたします。なお、詳細内容と案内のリーフレット完成の際には、再度ホームページでご案内いたします。
◇  ◆ ◇ ◆ ◇

河北新報社との連携事業・鼎談企画
シンポジウム『震災と霊性―亡き人の声を感じ、生きるという力』

■日時:2017(平成29)年2月5日(日)14時~17時 ※13時30分開場
■場所:ホーイ記念館ホール

講師陣(一部予定)
・堤  幸彦 氏(映画監督)
・若松 英輔 氏(批評家・随筆家)
・麥倉  哲 氏(岩手大学教育学部教授)
・金菱   清 氏(本学教養学部教授・コーディネーター)

【プログラム】
・14時00分 開会・挨拶
・14時05分 趣旨説明(佐々木俊三学長特別補佐)
・14時15分 kesennuma,Voices4.東日本大震災復興特別企画~2014堤幸彦の記録~上映
・15時00分 休憩
・15時05分 問題提起(金菱清教養学部教授)
・15時10分 意見発表(麥倉氏、堤氏、若松氏)
・16時05分 休憩
・16時15分 ディスカッション(麥倉氏、堤氏、若松氏、金菱氏)
・17時10分 質疑応答
・17時30分 閉会

主催/東北学院大学 河北新報社
問い合わせ
学長室事務課
TEL 022-264-6424        FAX 022-264-6364
E-mail ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp

Home > お知らせ > 2017/2/5 河北新報社と東北学院大学の連携事業・鼎談企画シンポジウム「震災と霊性―亡き人の声を感じ、生きるという力」開催のご案内

携帯サイト
QRコード

携帯版はこちらから
ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ