Home > お知らせ | 教育コラム > 東北学院大学よりリリース 被災地の大学が、被災地からの視点で、そして大学や学問領域を超えて、震災を多角的に考え、発信する雑誌「震災学vol.10」発行のお知らせ

東北学院大学よりリリース 被災地の大学が、被災地からの視点で、そして大学や学問領域を超えて、震災を多角的に考え、発信する雑誌「震災学vol.10」発行のお知らせ

平成24年7月から年2回のペースで刊行されている東北学院大学発行の総合学術誌『震災学』の第10号が発売されました。
今号の特集は、「震災と霊性」「黒浜復興のシナリオ」「震災と文学」「地域からの声」です。震災から6年を経た被災地のいまを考える一冊です。是非お買い求め下さい。

 

170405-3_1.JPG

総合学術誌『震災学』vol.10

発行/東北学院大学
発売/有限会社荒蝦夷

■ 震災学vol.10
【震災と霊性】
【黒浜復興のシナリオ】
【震災と文学】
【地域からの声】

発行/東北学院大学
発売/有限会社荒蝦夷
発行日/2017年3月23日
体裁/A5判・282頁
本体予価1,800円+税
ISBN 978-4-904863-57-2 C0036
お買い求めは、一般書店、大学生協、オンライン書店(honto)にて
荒蝦夷

【 目次紹介 】

「贈ること」と、「お人好しのお馬鹿さん」になるすすめ  佐々木俊三

【第一章】 震災と霊性

シンポジウム〈「復活と創造 東北の地域力」震災と霊性――亡き人の声を感じ、生きるという力――〉
「震災と霊性」とは  佐々木俊三
[意見発表]問題提起――亡き人への手紙  金菱清
死者との相互行為  麥倉哲
『Kesennuma,Voices.』  堤幸彦
生きていくうえでかけがえのないもの  若松英輔
[ディスカッション]いかに「死者」と向き合うか  堤幸彦×若松英輔×麥倉哲×金菱清

【第二章】里浜復興のシナリオ

本章について  平吹喜彦
仙台湾沿岸被災地における景観再生 持続的な生態系サービスの享受を目指して  原慶太郎
生態系を活かした天然の防潮堤とは  岡浩平
海岸林の生態系サービスと海岸防災林復旧事業を考える 富田瑞樹
海岸エコトーンの多様性・多機能性・恒常性を活かす  平吹喜彦
海浜の椿からの思考 津波という風土を生きるデザインのために  千葉一
仙台市宮城野区新浜の歴史遺産と復興 拠りどころとしての先人の暮らし  菊池慶子
浦戸諸島野々島における防潮堤問題解決への道のり 民官学の連携による合意形成  栁澤英明
復興まちづくりと住民自治組織 あらためて問われる住民参加・合意形成の仕組みづくり  佐々木秀之
《座談会》里浜遠景/近景 自然と歴史から復興を考える  平吹喜彦×菊池慶子×栁澤英明×佐々木秀之×佐々木俊三

【第三章】 震災と文学

被災地の記憶を刻んで 〈仙河海〉覚え書き  熊谷達也
震災詠――俳句表現を通して  渡辺誠一郎(俳人)

【第四章】地域からの声

震災後の「外国人犯罪」の流言  郭基煥
奥松島の被災と観光 宮城県東松島市・消えた「歴史」は可視化できるか  西脇千瀬
東日本大震災における仙台市の対応  佐々木英夫
「想定外」の連続台風 濁流に飲み込まれた北海道南富良野町  岩崎あんり
大地震から2年、ネパールの現在 仙台在住ネパール人の目に移った故郷の姿 平間真太郎

【関連情報】
総合学術誌『震災学』

 

 

 

 

Home > お知らせ | 教育コラム > 東北学院大学よりリリース 被災地の大学が、被災地からの視点で、そして大学や学問領域を超えて、震災を多角的に考え、発信する雑誌「震災学vol.10」発行のお知らせ

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ