Home > お知らせ > 2017/10/15 復興応援団主催震災復興関連ツアー「多賀城学生ツアー2017秋」参加者募集のご案内

2017/10/15 復興応援団主催震災復興関連ツアー「多賀城学生ツアー2017秋」参加者募集のご案内

復興応援団に所属する東北学院大学学生よりご案内をいただきましたのでお知らせいたします。

多賀城学生ツアー2017秋 詳細

〇日付:10月15日(日)

〇集合解散:JR仙石線多賀城駅10:00集合-同駅18:30解散

〇参加費:3,500円(昼食代込)

〇締め切り:10月12日(木)23:59まで(定員に達し次第終了)

〇プログラム
=============================
1000 多賀城駅集合
1030-1145 被災地見学
1145-1230 昼食
1230-1330 多賀城政庁跡等史跡巡り
1345 文化センター到着
1400-1530 光の幻舞・伎楽(天理大学雅楽部)鑑賞
1545-1715 鹽竈神社と周辺地域巡り(再開発地区見学含む)
1730-1830 多賀城市立図書館ツアー
1830 多賀城駅にて解散
=============================

〇内容紹介
東日本大震災の被災地、史跡巡り、雅楽鑑賞や話題の多賀城市立図書館まで多賀城を学んで楽しめる一日になっています。さらに隣接する塩竃市の塩竃神社や再開発地区も回ります。「多賀城って、日本史で聞いたことあるけどなんだったっけ?」「新しい図書館って何がすごいの?」そんな疑問をお持ちのあなた、決して後悔はさせませんよ!
★見どころその①『被災状況を学ぶ』
貞山運河-イオン多賀城店-笠神新橋-多賀城駅前歩道橋 を回り、被災した当時の写真と現在の様子とを見比べていただきます。多賀城市はわずかな海岸線しか持ちませんが川や運河を遡る津波が被害を大きくしたという独特の経緯を持ちます。
★見どころその②『古代の歴史ロマンを感じる』
古くは724年蝦夷を討伐するための軍事的拠点として創建されたとされる多賀城はその後数世紀にわたって、東北地方の政治・文化・軍事の中心地でした。多賀城政庁跡を中心とする一帯からは今でも多くの出土品が発掘されています。また塩竃神社は東北鎮護・陸奥国一之宮として、この地域の人々の精神的支えとしてあり続けました。
★見どころその③『復興への足取りを感じる』
昨年3月にオープン後一年の来場者が150万人を越えた多賀城市立図書館。普通の市立図書館とは何が違うのか?老若男女、多くの人でにぎわう図書館からは多賀城市が目指す街の在り方が見えてきます。また震災を機に再開発事業が進む塩釜駅前地区の様子も見学します。
★見どころその④『イベントを楽しむ』
歴史をさかのぼること奈良時代、東大寺建立の際に不足した金を東北から献上したことから始まるとされる縁は東日本大震災の復興として現代にも続いています。来年春に多賀城で開催予定の東大寺展(仮称)へ向けた関連イベントとして天理大学雅楽部による演奏が開催されます。
★おまけ『グルメを味わう』
多賀城市には隠れた名店がたくさん!お昼はとっておきのお店をご準備しています。塩釜市では駅前の絶品ジェラードをお召し上がりください!

〇お問い合わせ
dangakusei@gmail.com

〇申し込み
グーグルフォームのリンクに飛んでそちらでお申し込み出来ます。
https://goo.gl/forms/JREfKiLWxYaL8Kzk2

〇フェイスブックのイベントページはこちら
http://ur0.pw/GfD0

Home > お知らせ > 2017/10/15 復興応援団主催震災復興関連ツアー「多賀城学生ツアー2017秋」参加者募集のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ