Home > お知らせ > 2017/12/16 NHK仙台の番組「ウイークエンド東北」に、大学間連携災害ボランティアシンポジウム「被災地支援に期待される学生ボランティアを考える」開催のご案内が紹介されます

2017/12/16 NHK仙台の番組「ウイークエンド東北」に、大学間連携災害ボランティアシンポジウム「被災地支援に期待される学生ボランティアを考える」開催のご案内が紹介されます

NHK仙台の番組「ウイークエンド東北」の12月16日放送分に、大学間連携災害ボランティアシンポジウム「被災地支援に期待される学生ボランティアを考える」開催のご案内が紹介されます。
12月16日(土)午前7時30分からの放送をご覧ください。(7時30分から8時までの番組放送内で紹介予定)

NHK仙台の番組「ウイークエンド東北」12月16日放送分詳細URL:
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=600&date=2017-12-16&ch=21&eid=42850&f=2804

平成29年度大学間連携災害ボランティアシンポジウム
「被災地支援に期待される学生ボランティアを考える」

日時:平成29年12月16日(土)11時~16時30分(終了予定)
場所:東北学院大学土樋キャンパス ホーイ記念館ホール(地階)
共催:東北学院大学災害ボランティアステーション
復興大学災害ボランティアステーション
大学間連携災害ボランティアネットワーク
備考:申込不要・入場無料

開催趣旨:
今年も日本列島を襲った幾多の自然災害。甚大な被害を受けた被災地には、発災直後より数多くのボランティアが全国各地から駆けつけ、復興に向けた懸命な支援活動が行われています。深く傷ついた被災地を社会全体で励まし、支えていこうとする動きは、ボランティア元年から約20年の時を経た現在、この国において社会的慣習になりつつあるのかもしれません。
2011年12月に第1回のシンポジウムを開催して以来、本シンポジウムでは、被災者によって異なる、また、発災より時間が経つにつれ変化するボランティアニーズに対して、学生ボランティアがどのように関わることができるのかという課題を一貫して議論してきました。この課題は、あたかも一次方程式の解のごとく、厳密解が得られるものではないかもしれませんが、今年も様々な視点で議論を行う中で、近似解を探っていきたいと考えています。
東日本大震災の被災地では、いまだなお多くの支援が必要とされており、個人の努力と公的な支援の間をつなぐ支援の必要性が求められています。今年のシンポジウムでは、関西大学の菅磨志保氏より、社会学(災害社会学)の視点から、“支援”という社会関係について考える基調講演を行っていただきます。その後、東日本大震災の被災地のひとつである宮城県名取市において、日々、住民代表、支援者代表、学生代表として、これからの地域をどのように再生していくかといった課題に取り組んでいる関係者より、地域の現状と課題について報告いただきます。
以上のような被災地の現状と課題を知ることにより、現地での学生ボランティアに期待される役割を再認識していきたいと考えます。

事務連絡:
○記録資料作成のため、会場内では収録作業(動画・音声収録、静止画撮影)を行いますので、ご了承願います。
○貴重品管理につきましては、参加者の皆様各自でお願いいたします。
プログラム内容:
12/16(土)メイン会場:東北学院大学 ホーイ記念館ホール(地階)

11:00~11:10 挨拶 開会
松本 宣郎 (東北学院大学学長)

11:00~11:10 セッション1 基調講演
「支援と受援の社会学 ~災害多発時代を乗り越えるために~」
菅 磨志保氏(関西大学社会安全研究科・社会安全学部准教授)

12:30~13:30 休憩
大学間連携災害ボランティアネットワーク参加大学の活動紹介パネル展示企画
(ホーイ記念館 ホール(地階)のエントランスにて展示)
参加大学:※順不同。
宮城学院女子大学、関東学院大学、名古屋学院大学、中央大学、敬愛大学、聖学院大学、高崎健康福祉大学、新潟薬科大学薬学部、青山学院大学、神戸学院大学、北星学園大学、尚絅学院大学、東北学院大学

13:30~15:10 セッション2 市民フォーラム 「宮城県名取市における地域コミュニティ再生の試み」
報告者:
長沼 俊幸氏(元 名取市愛島東部仮設団地自治会役員)
宇佐美 久夫氏(名取市美田園北復興公営住宅自治会役員・民生委員・閖上まちづくり協議会役員)
菊地 麻理子氏(名取市サポートセンター「どっと.なとり」(JOCA) 統括)
伊藤 ちひろ氏(尚絅学院大学学生)
コーディネーター:松田 道雄氏(尚絅学院大学エクステンションセンター長)

15:10~15:20 休憩

15:20~16:20 セッション3 リレートーク 会場:ホーイ記念館 ホール(地階)
※大学間連携災害ボランティアネットワーク参加大学の学生ごとにボランティア活動紹介と課題を発表。(50音順に発表)

1.青山学院大学
2.関西大学
3.敬愛大学
4.神戸学院大学
5.聖学院大学
6.高崎健康福祉大学
7.中央大学
8.名古屋学院大学
9.新潟薬科大学
10.北星学園大学
11.東北学院大学

16:20~16:30 挨拶 全体閉会 会場:ホーイ記念館 ホール(地階)
伊鹿倉 正司
(東北学院大学災害ボランティアステーション所長・同大学経済学部教授)

16:30~18:30 分科会1:学生間企画学生間ワークショップ
災害対応カードゲーム「クロスロード」
会場:ホーイ記念館2階H203教室
コーディネーター:
藤田 彩乃(東北学院大学災害ボランティアステーション学生スタッフ)
引地 優太(東北学院大学災害ボランティアステーション学生スタッフ)
※学生による学生対象のワークショップになります。一般の方でも聴講は可能です。

16:30~18:00 分科会2:一般参加者向け企画大学間連携災害ボランティアネットワーク意見交換会
会場:ホーイ記念館2階H202教室
事例報告「平成29年7月九州北部豪雨および熊本地震に関しての学生ボランティア活動と大学ボランティアセンターの取り組み」(仮題)
山口 由美子氏(西南学院大学ボランティアセンタースタッフ)
※一般参加者、教職員向けのプログラムになります。学生の方でも参加は可能です。

18:30~20:00 学生間企画情報交換会
会場:7号館2階大学院談話室
※学生による学生対象の情報交換会。軽食準備、参加費1名1,000円を予定。

[問合せ先]
大学間連携災害ボランティアネットワーク事務局
(東北学院大学災害ボランティアステーション事務局内)
〒980-8511 仙台市青葉区土樋一丁目3-1
東北学院大学 土樋キャンパス内 7号館2階725教室
TEL:022-264-6521 FAX:022-264-6522
MAIL:tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp

Home > お知らせ > 2017/12/16 NHK仙台の番組「ウイークエンド東北」に、大学間連携災害ボランティアシンポジウム「被災地支援に期待される学生ボランティアを考える」開催のご案内が紹介されます

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ