Home > 募集するボランティア活動 > 2018/2/4 復興支援企画イベントAction7 運営ボランティア活動者募集のご案内

2018/2/4 復興支援企画イベントAction7 運営ボランティア活動者募集のご案内

大和リース株式会社よりご案内をいただきましたのでお知らせいたします。

目  的:
震災から7年が経過し、被災地ではインフラ整備が進捗し具体的な商業・まちづくり再生に向けた取り組みが進んでいます。産業においては、震災後大きく落ち込んだ鉱工業生産指数は平成24年初めには震災前とほぼ同水準まで回復しており、全国と同様の推移を見せています。その一方で、沿岸被災地域の基幹産業である水産・食品加工業においては、91%が施設の再開を果たしているものの、販路の縮小や人材不足などの理由から売上が回復できずにいます。(グループ補助金交付先の30%が震災直前の水準まで回復)そこで、今回のAction7では沿岸被災地域3県の物産展を開催し、全国のお客様が被災地の商品に興味を持ち、継続して購入いただくことで、少しでも被災地の課題解決に向けたきっかけづくりとなるよう取り組みます。より商品に興味を持って頂くことができるよう商品を製造するメーカーの中から、工場や店舗が被災した企業が震災を乗り越えてモノづくりに励んでいる様子や、震災後にまちおこしとして起業した会社や職員の思いが伝わるようパネル展も開催します。また、Action7を開催する各商業施設においては、いつ起こるかもしれない自然災害に備え、地域で地域を守る『防災』をテーマに行政や消防署とタイアップしたイベントを開催します。そして阪神淡路大震災の被災地である神戸にあるBRANCH神戸学園都市と東日本大震災津波復興拠点整備事業区域内で整備される商業エリアのキャッセン大船渡の2施設でそれぞれの震災発生日に互いの復興を健闘するイベントを開催します。Action活動を通して2つの施設が交流をもち、経験を共有できるきっかけとなるよう取り組みます。

活動日時:
平成30年2月4日(日)11時~17時まで
※11時集合になります。
※途中参加や途中退出の希望も対応いたします。

集合場所:
BiVi仙台駅東口 商業施設1階 イベントスペース

活動内容:
東北物産展、防災パネルや防災グッズの展示等イベントに関わる運営補助

募集人数:
2名程度

申込方法:
下記申込先にメールでタイトル「2月4日復興支援イベント活動希望」と入力の上、本文に所属、氏名、連絡先、活動形態の希望、ボランティア保険加入の有無を入力いただき、平成30年2月1日(木)12時までにご連絡をお願いいたします。

ボランティア保険について:
学都仙台コンソーシアム加盟教育機関の学生・教職員対象にボランティア保険料を負担いたします。
本ボランティア活動の際には、平成29年度のボランティア保険への加入が必要となります。
まだ加入されていない学生・教職員の方は復興大学災害ボランティアステーションまでその旨をご連絡下さい。

【申込・問合せ】復興大学災害ボランティアステーション
TEL:022-264-6522
MAIL:revolu@mail.tohoku-gakuin.ac.jp

Home > 募集するボランティア活動 > 2018/2/4 復興支援企画イベントAction7 運営ボランティア活動者募集のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ