Home > 活動報告 > 【2017大学間連携夏ボラ】亘理郡山元町プロジェクト活動報告

【2017大学間連携夏ボラ】亘理郡山元町プロジェクト活動報告

東北学院大学災害ボランティアステーション学生スタッフより報告させていただきます。

【2017夏季集中ボランティア活動報告亘理郡山元町プロジェクト活動報告】

活動期間:
平成29年8月21日(月)~8月23日(水)

活動場所:
亘理郡山元町

参加者:
東北学院大学14名(学生スタッフ12名、一般で申し込んで来ていただいた方2名)、成蹊大学学生1名、神戸学院大学学生2名、 立命館大学学生5名、中央大学学生10名、浜松学院大学学生1名、東北学院大学教職員1名 計34名

活動内容:
1日目:中浜小学校での語り部、夢ファーム・スルーエイジでの農地支援活動、アイスブレイク(オリエンテーション)
2日目:夢ファーム・スルーエイジでの農地支援活動、自炊(カレーライス)、花火
3日目:夢ファーム・スルーエイジでの農地支援活動、山元いちご農園・ワイン工場見学、代表取締社長からの講話

活動を行った上での良かった点:
・参加者全員、怪我なく3日間終えることができた点。
・参加者から、「充実感した3日間だった」「また参加したい」などの感想を聞くことができた点。
・山元町の現状を知ってもらい、関東、関西圏の学生に直接発信することができた点 (活動を通して、実感してくれた点)
・スタッフ間の情報共有をこまめに行い、予定の若干の変化にも対応できた点。(予定通りの日程で終えることができた)
・スタッフ中心に参加者、現地の方々との交流が多くあり、緊張のほぐれた雰囲気で活動できた点。

活動を行った上での反省点:
・各活動先への荷物の備品リストをカゴに貼っておけば、わかりやすく、備品忘れがなかった点。(シーツの確認不足なども)
・情報共有不足があった点。(今年は比較的に情報共有がスムーズに行えてはいたが、それでも不足している場面もあった)

活動全体を通してのコメント:
今回の山元町の夏ボラは、東北に初めて訪れたという参加者がほとんどだった。それもあってか、語り部の内容を聞いたり、周りの景色を見たりして被災地の現状を知り、本当に何も無いんだという声が多かった。農地支援活動を通しては、今回から携わる事になった新たな活動先があって不安な面もあったが、参加者一人一人が山元町で活動する事の意義を理解し、そして一体となって活動する事が出来た。この事が企画し、運営する側のスタッフとしては嬉しかった。特に畑の草取りや桑の葉の収穫など、体力が必要とされる作業を毎日行いそれぞれ辛い状況にも関わらず、お互いに励まし合ったり自炊をしたりする事で、交流を深めつつ、意識を高め合えた。そして、現地の方々と触れ合う事で周りの声と現状の二面性を知り、より山元町の魅力を理解出来た。また、夢ファームで私達に食事を提供して下さった方々もボランティアだと知り、ボランティアは一方通行では成り立たない。お互いに支え合ってこそ成り立つもの、受ける側だけでなくする側も助けられているものなんだと学んだ。最終日に訪れた山元いちご農園では、いちごを地域農産物としてブランド化する事によって雇用を生み出したいというお話を聞いた。このお話を聞いて、農地支援活動だけが復興の手助けではない。商品を買う事もまた、新たな支援の一つなのだと学ぶ事が出来た。三日間の活動を通して、山元町に限らず共通して言える事は、自分が感じた事・学んだ事を発信していく事が大切であるという事である。実際に訪れ、活動したからこそ山元町の現状や良さを味わう事が出来た。この経験を元に、自分なりに出来る被災地活動を考えていきたい。そして何より、振り返り時に皆が「充実した三日間だった」と笑顔で言ってくれたのを見て、この夏ボラを行って良かったと思った。と同時に、出会った仲間・現地の方々とのつながりを大切にし、これからもしっかりと意味をもった活動を行うという気持ちを胸に活動していきたい。

 

Home > 活動報告 > 【2017大学間連携夏ボラ】亘理郡山元町プロジェクト活動報告

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ