Home > お知らせ > 2018/3/11 復興ボランティア学 ワークショップ参加者募集のご案内

2018/3/11 復興ボランティア学 ワークショップ参加者募集のご案内

石巻専修大学経営学部山崎ゼミナールよりご案内をいただきましたのでお知らせいたします。

復興のリーダーたちの経験に学び、災害から地域を守るアクションを起こそう!!

体験談を聞くだけで、災害は防げるの?

あなたは、被災体験を聞いて「ああ大変だったんだ」とか「つらかったね」と思うことでしょう。もし災害が起きたとき何ができるのでしょうか。同情を胸に抱いても、行動にはつながりません。

復興支援から学ぶ

災害が起きた後には、多くの地域問題が吹き出します。毎日が問題解決に追われます。私たちのワークショップは、これまでの長い震災復興を支えた、復興のリーダーたちの経験と行動を学ぶことができます。

地域の力になる。防災のリーダーになる

震災後に顕在化した地域課題は、それまで平時には見すごされて問題ばかり。ワークショップを受講することによって、あなたは隠された地域課題が見えるようになります。
未来思考で問題解決のアクションを見つけましょう!

「復興ボランティア学ワークショップ」の流れ

多くの参加者に満足いただいているワークショップです

2014年に石巻専修大学経営学部山崎ゼミナールが「復興ボランティア学ワークショップ」始めてから現在まで、受講者は1000人を超えました。私たちは東北、関東、中部、関西、四国、九州、など全国を回って開催してきました。お陰様で満足度平均8点以上と高い評価を頂いています。

日時

平成30年3月11日(日) 13:00‐16:30

場所

ハーネル仙台「青葉」

参加費

通常は3,000円以上の一般参加費を頂いているのですが、今回は石巻専修大学経営学部山崎ゼミナールと、みやぎ連携復興センター最初の連携事業として無料で開催します。

復興ボランティア学とは

「復興ボランティア学」とは、被災地に立地する唯一の大学である石巻専修大学が「知ること」からはじまる復興支援をテーマに、2013年から開講している講座です。

石巻専修大学経営学部山崎ゼミナールとは

2011年から大学の近くにある、仮設住宅に寄り添って支援をしてきました。多くの人と「広く」「深く」つながることで震災の風化を防ぐ活動をしています。

会場アクセス

【交通案内】
・市営地下鉄南北線広瀬通駅より徒歩3分
・市営バス仙台商工会議所前より徒歩4分
・JR仙台駅より徒歩12分
※自家用車の利用は極力ご遠慮ください。付近の民間駐車場をご利用ください。

復興ボランティア学 ワークショップ- お申し込み

下記URLよりお申込み下さい。
https://www.renpuku.org/201802/6059/

Home > お知らせ > 2018/3/11 復興ボランティア学 ワークショップ参加者募集のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ