Home > お知らせ > 2018/2/18 「新しい東北」交流会 シンポジウム「被災地におけるコミュニティ形成のいま、これから」開催のご案内

2018/2/18 「新しい東北」交流会 シンポジウム「被災地におけるコミュニティ形成のいま、これから」開催のご案内

復興庁ボランティア・公益的民間連携班よりご案内をいただきしたのでお知らせいたします。

シンポジウム「被災地におけるコミュニティ形成のいま、これから ―市民協働を通して―」
(※復興庁被災者支援コーディネート事業の一環として開催)

開 催 目 的 :被災地において重要な課題となっているコミュニティ形成について、
被災三県の行政、支援者の間で現状・課題や解決に向けた取組を共有し、
今後の支援活動を推進することを目的とする。
特に、各県における課題解決に向けた取組を踏まえて、多様な主体の
参画によって今後どのようなコミュニティを目指していくのか検討する。

概    要:被災地と支援者をつなぐ「被災者支援コーディネート事業」の中から
見えてきたコミュニティの課題、今後求められる取組について、
市民協働で課題解決に取り組む地域の関係者と共に考える。

日    時:平成30年2月18日(日)13:50-16:30

場    所:仙台国際センター 展示棟 会議室1

プログラム :1 導入
2 第1部 各県の取組事例
・岩手県 二宮 雄岳氏  釜石リージョナルコーディネーター協議会(釜援隊) 統括マネジメント
・宮城県 及川 貢氏  南三陸保険福祉課被災者支援係 係長
・福島県 内野 美津夫氏 特定非営利活動法人みんぷく チーフスーパーパイザー
3 第2部 パネルディスカッション ~住民の力を活かす、市民協働のあり方について~
・モデレーター
本間 照雄氏 東北学院大学地域共生推進機構 特任教授 博士
・コメンテーター
第1部発表者(二宮氏、及川氏、内野氏)

対  象 者 :行政、民間企業・NPO・各種団体の方、一般市民の方など。どなたでも。
今後の被災地のコミュニティ形成・再生に興味のある方。事前申込み不要。

問い合わせ先:「復興庁被災者支援コーディネート事業」事務局
株式会社三菱総合研究所 担当/白戸、酒井、小田嶋
E-mail:sien-ml@mri.co.jp 電話:03-6705-6088

Home > お知らせ > 2018/2/18 「新しい東北」交流会 シンポジウム「被災地におけるコミュニティ形成のいま、これから」開催のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ