Home > お知らせ > 2018/5/15 事業継続対策コンソーシアム主催第46回事業継続対策セミナー「災害医療派遣チームDMAT並びに災害医療訓練の紹介について」開催のご案内

2018/5/15 事業継続対策コンソーシアム主催第46回事業継続対策セミナー「災害医療派遣チームDMAT並びに災害医療訓練の紹介について」開催のご案内

事業継続対策コンソーシアム事務局よりご案内をいただきましたのでお知らせいたします。今回のセミナーは「災害医療派遣チームDMAT並びに災害医療訓練の紹介について」です。DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム」と定義され、災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。今回はDMATの組織への理解を深めるとともに、災害医療訓練の実際を紹介いただきます。また、この一、二年災害医療訓練において利用されているビジュアル非常通信システムの紹介、訓練の現場で高く評価されているIWB(電子ホワイトボード)の操作体験の機会を設けたいと思います。

——————————————————————————–

参加お申し込みフォームはこちら

http://bcp.or.jp/apply/
——————————————————————————–

日時 平成30年5月15日(火)14:00~17:00 (13:45開場)

主催 事業継続対策コンソーシアム

会場 リコージャパン株式会社 浜離宮事業所 3階 セミナールーム

〒104-0045 東京都中央区築地5-6-10 浜離宮パークサイドプレイス

協力 エムシーアクセス・サポート株式会社、産業人文学研究所、清水建設株式会社、

スカパーJSAT株式会社、株式会社竹中工務店、日本アンテナ株式会社、株式会社日建設計、

リコージャパン株式会社(五十音順)

定員 30名(先着順)

参加費 無料(事前登録制)

タイムテーブル

14:00〜14:05 あいさつ

第1部

14:05〜15:05

主題:「DMATの災害対応について」

講師:田治明宏氏

国立病院機構災害医療センターDMAT事務局

質疑

第2部

15:05〜16:15

1.災害訓練等で使用されているIWB(電子ホワイトボード)実機操作体験

2.ビジュアル情報衛星通信システムに使われる衛星通信について衛星携帯

電話などとの違いを分かりやすく紹介します。

質疑・実機操作

 

Home > お知らせ > 2018/5/15 事業継続対策コンソーシアム主催第46回事業継続対策セミナー「災害医療派遣チームDMAT並びに災害医療訓練の紹介について」開催のご案内

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ