Home > お知らせ > 2018/6/13~7/9 第18回東北学院大学文化財レスキュー企画展「おもひで写真帖 ―今、蘇る鮎川―」を石巻市指定文化財「旧観慶丸商店」にて開催

2018/6/13~7/9 第18回東北学院大学文化財レスキュー企画展「おもひで写真帖 ―今、蘇る鮎川―」を石巻市指定文化財「旧観慶丸商店」にて開催

180613-2_2.jpg
クリックしてPDF表示(7,55MB)

文化財レスキュー企画展は、東北学院大学博物館を主体として文学部歴史学科民俗学ゼミナール(加藤幸治ゼミ)が東日本大震災以来行ってきている活動で、復興していく被災地の地域づくりに活用しうる歴史や文化に関する資料を展示するものです。
今回で、18回目となる本展では、カメラ好きの浜の大工、鹿井清介(かのいせいすけ)さん(石巻市鮎川在住)が、昭和30年頃に撮影した、牡鹿半島のくらしやなりわいに関する写真です。当時、鹿井さんが撮影した写真は400枚あまりにおよび、現在民俗学ゼミナールの学生たちが整理作業をしている資料のひとつであり、今回の展示はその中間報告的な位置づけにあります。

この展示のために学生たちが選んだ写真には、牡鹿半島の鮎川浜の“黄金時代”の繁栄ぶりがみてとれます。当時は、商業捕鯨や遠洋漁業、大規模定置網などの漁業が、巨万の富を生む時代でした。高度経済成長期とあいまって、現在では見当もつかないほどの賑わいがありました。その後、国際的な資源管理によって商業捕鯨禁止や200海里水域の設定などで、こうした活況は鳴りをひそめ、かわって養殖業や観光業が主体となっていきました。文化財レスキュー企画展では、こうした“生活の移り変わり”を知ることから、地域の過去と復興していく現在、そして復興後の未来へという時間の流れを再認識してもらおうという意図もあります。

展示会場では、学生たちが企画・編集した小冊子『おもひで写真帖 ―今、蘇る鮎川―』を無料配布します。本冊子は、8月5日に開催予定の牡鹿鯨まつりでも配布される予定です。
また、7月1日(日)には、学生たちによるイベントも旧観慶丸商店を会場に開催されます。子どもたちに昔のくらしを楽しみながら学んでもらうワークショップと、一般来場者向けの学生による解説案内を予定しています。

展示作業の様子
180613-2_3.jpg 180613-2_4.jpg

 

展 示 風 景
180613-2_5.jpg 180613-2_6.jpg

—————————————
第18回文化財レスキュー企画展「おもひで写真帖 ―今、蘇る鮎川―」

主  催:石巻市教育委員会・東北学院大学博物館
開催期間:2018年6月13日~7月9日
開催場所:石巻市指定文化財「旧観慶丸商店」2階文化財展示室
展示資料:60年前の牡鹿半島の民俗写真(10点)、金華山関連の近代観光資料(5点)、捕鯨関係資料(3点)
無料配布:東北学院大学博物館編『おもひで写真帖 ―今、蘇る鮎川の風景―』(同館2018年刊行)

関連イベント
開催日:2018年7月1日
内容➀こどもワークショップ「民具バトルカード対戦!」 午前10時から11時半
カードゲーム形式で、昔の暮らしについて遊びながら学びます。
内容➁展示解説「大学生による地域文化の解説」 午後1時からと2時からの2回
文化財レスキュー活動からわかる人々の暮らしの歴史について紹介します。

Home > お知らせ > 2018/6/13~7/9 第18回東北学院大学文化財レスキュー企画展「おもひで写真帖 ―今、蘇る鮎川―」を石巻市指定文化財「旧観慶丸商店」にて開催

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ