Home > お知らせ > 2018/7/21 河北新報主催「第37回仙山カレッジ 大学生が描く仙山圏の未来」に東北学院大学災害ボランティアステーション学生スタッフが登壇いたします

2018/7/21 河北新報主催「第37回仙山カレッジ 大学生が描く仙山圏の未来」に東北学院大学災害ボランティアステーション学生スタッフが登壇いたします

この度、河北新報社よりお声掛けをいただき、「第37回仙山カレッジ 大学生が描く仙山圏の未来」に東北学院大学災害ボランティアステーション学生スタッフの橋本雅史さん(本学教養学部言語文化科3年)が講師として登壇いたします。
なお、この会の参加者についても受け付けております。聴講無料、先着100名で参加者を募集しています。興味のある方は是非お申し込みください。

河北新報主催「第37回仙山カレッジ 大学生が描く仙山圏の未来」概要:
河北新報社は、仙山圏をモデルに広域連携の在り方を考える仙山カレッジの第37回フォーラム「大学生が描く仙山圏の未来」を7月21日、山形市本町1丁目の荘銀山形ビルで開く。宮城、山形両県には計20校の4年制大学があり、毎年1400人前後の学生が県境を越えて入学する。東日本大震災以降、多くの大学生が被災地支援に駆け付け、地域住民との交流も進んだ。フォーラムでは、県境をまたいで活動する大学生に焦点を当て、仙山圏の将来像を探る。東北芸術工科大の沢口俊輔教授(エデュケーションデザイン)が「創造の持つ力と可能性 芸工大生との被災地ワークショップを通じて」をテーマに基調講演する。パネル討論は、東北芸工大、山形大、東北学院大、宮城大の学生が意見を交わす。それぞれ石巻市でものづくりワークショップ、東北大生らと開く体験型実験教室、尾花沢市などでの雪下ろしボランティア、仙山圏の伝統野菜の調査に取り組んでいる。カレッジ座長で宮城学院女子大現代ビジネス学部長の宮原育子氏が進行役を務める。

日時:2018年7月21日(土)13:30〜16:00

会場:荘銀山形ビル5階 大会議室

住所:山形市本町1丁目4-21

講演
「創造の持つ力と可能性 〜芸工大生との被災地ワークショップを通じて〜」
澤口俊輔 教授

討論
パネリスト
東北芸術工科大4年 松本麗華さん(石巻市でものづくりワークショップ)
山形大3年 山口芽衣さん(東北大生らと体験型実験教室)
東北学院大3年 橋本雅史さん(尾花沢市などで雪下ろしボランティア)
宮城大2年 高内澪奈さん(宮城・山形の伝統野菜の地質調査)

座長・コーディネーター
宮城学院女子大現代ビジネス学部長 宮原育子氏

申込み先
河北新報社:電話022(211)1714  平日午前10 時~午後5時
E-mail  senzan@po.kahoku.co.jp  ※件名に「仙山カレッジ」と明記

Home > お知らせ > 2018/7/21 河北新報主催「第37回仙山カレッジ 大学生が描く仙山圏の未来」に東北学院大学災害ボランティアステーション学生スタッフが登壇いたします

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ