Home > お知らせ > 2018/10/13 東北学院大学文化財レスキュー活動で小学生と大学生が昔ばなしの劇を制作、石巻市鮎川小学校で公演いたしました

2018/10/13 東北学院大学文化財レスキュー活動で小学生と大学生が昔ばなしの劇を制作、石巻市鮎川小学校で公演いたしました

東北学位大学文学部歴史学科の加藤幸治ゼミナールでは、東日本大震災で被災した地域資料の東北学院大学文化財レスキューをきっかけとして、石巻市牡鹿地区の文化における復興に関わってきました。これまで19回の展覧会を実施し、地域のこれからを考える材料となる歴史や文化の資料を、地域のみなさんに紹介してきました。
今年度は、石巻市鮎川小学校とのコラボで、地域の昔ばなしをもとにした手づくりの演劇を、小学3・4年生の児童6名とともに製作するワークショップを積み重ねてきました。10月13日(土)、鮎川小学校で行われた学芸会で小学生と大学生による劇「牡鹿むかしばなし~さるの人まね~」を公演しました。
今年度企画した文化財レスキュー企画展では、昭和10年に刊行された『旅と伝説』に掲載された「牡鹿半島の昔ばなし」を紹介しました。そのなかに収録されているのが、サルが人の真似をして家のなかのいろいろな道具を使い、失敗してしまうという笑い話があります。これをもとに、小学生と大学生のチームで鮎川の老人ホーム・デイサービスで聞き書きした昔のくらしのデータをもとに肉付けし、小学校の担任の先生と大学生たちとで脚本を仕上げ、これまで小道具や舞台絵の製作、稽古を重ねてきました。
今年は震災から8年目にあたります。地域の子どもたちや、地域住民の方々が、災害の前のくらしのイメージを持つことで、過去と現在、そして未来へと展望できるような手助けになる活動へと、文化財レスキュー活動の目的も変化しており、今年度も歴史学科の学生たちがそれに取り組んでいます。

181019-1_1.jpg 181019-1_2.jpg 181019-1_3.jpg
181019-1_4.jpg 181019-1_5.jpg 181019-1_6.jpg
181019-1_7.jpg 181019-1_8.jpg

 

Home > お知らせ > 2018/10/13 東北学院大学文化財レスキュー活動で小学生と大学生が昔ばなしの劇を制作、石巻市鮎川小学校で公演いたしました

ボランティア登録・問い合わせ
学生・教職員でボランティアを希望する方は本人が直接窓口に来られるか、または電話にてお申し出ください。

東北学院大学
災害ボランティアステーション

○土樋キャンパス
〒980-8511
仙台市青葉区土樋一丁目3-1
7号館2階 725教室
TEL:022-264-6521
E-mail:
tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
■受付対応時間:
平日 11:00~16:30

○泉キャンパス
〒981-3193
仙台市泉区天神沢二丁目1-1
コミュニティセンター大学生活協同組合隣接に設置
■受付対応時間:
準備中

>>詳細はこちら
関連リンク

↑ページトップへ